腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、病状が悪化してでも食べたいと思う逸品(主に麺類)を思いつくままに紹介するブログです。

283. モモ肉チキン南蛮@入谷キッチンバル

以前、こちらの記事で紹介したチキン南蛮のお店のモモ肉バージョン。

http://kenshinkk.hatenablog.com/entry/2017/09/17/232816

 

ムネ肉の南蛮が絶品だったので、いつかモモ肉も食べたいと思っていたが、なぜかモモ肉のチキン南蛮は夜だけの限定発売となっていて、なかなか行く機会がなかった。

なぜ夜限定なのかはよくわからない。仕込みの関係だろうか?

 

この日は筋肉痛が酷く、「たくさん肉(タンパク質)を食べて回復させなければ」という意識でいたため、

「ムネ肉&モモ肉のチキン南蛮食べ比べセット」を注文した。

f:id:kenshinkk:20171114001045j:image

頼んでみてビックリ。

なんとモモ肉は3個も付いてきた。

ムネ肉の大きさは変わらずにである。

素晴らしいボリューム。

 

モモ肉は脂が多いだけあってとにかくジューシー。肉汁好きにはたまらないと思う。

前の記事でも書いたが、南蛮酢のタレにどぶ漬けされてから出てくるので、衣はカラっとしてるわけではなく、タレを吸った状態。

よって、肉汁のジューシーさも相まって、かなりシットリしているという印象。水っぽいというわけではなく、あくまで良い意味で。

 

心配された脂量だが、揚げ物でかつ、上からマヨネーズ系をかけているため心配だったが、そこまで食べている間は気にならず、ベタベタ感も少なかった。

ただ、サッパリ感はさすがに胸肉の方が強いので、食べる順番としてはモモ肉→ムネ肉といった方が良いかもしれない。

 

翌日にお腹も崩れることもなかったので、また大量の鶏肉が食べたくなった時には食べに行こうと思う。