腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎持ちの筆者が、病状が悪化してでも食べたいと思う逸品(主に麺類)を思いつくままに紹介するブログです。

172. 自家製コンビーフとローストトマトの和えそば(饗くろ㐂@秋葉原)

※2年前の限定麺に関する記事です。

 

2015年7月最後の土曜日。

花火の音が鳴り響く中、長蛇の列に並び続けている。

 

横を通り過ぎる浴衣の若者達は、

行列に並ぶ我々を横目に見ながら川の方へと駆けていく。

彼らにとっては、わざわざ花火大会の日にラーメンを食べるために行列に並ぶなんて考えもしないだろう。

一方で、自分のようなラーメンマニアにとっては、

「人気店の行列が少なくなるタイミングはいつなのか?」というのが最大の関心事であり、

「世間が花火大会に注目している今がチャンスだ!」と当時の自分は思って、わざわざこの日を狙って並びに行ったのである。

 

しかし、その目論見は外れ、実際に行ってみると流石の大行列。

1時間以上並ぶことになるとは思わなかった。

 

そして、ようやくありつけた期間限定麺がこちら。

f:id:kenshinkk:20170715114509j:plain

自家製コンビーフとローストトマトの和えそば 1200円

 

とにかくメインの2つの具材が抜群。

自家製コンビーフは、脂肪分が少なく、非常に柔らかくて味も濃厚。

ローストトマトは生のトマトよりの甘さが増しており、程よい酸味もあるため、コンビーフとも良く合う。

シャキシャキの玉ねぎのマリネも心地よい良い歯ごたえであり、トマトとはまた違った酸味を味わえるのも良い。

ルッコラやカイワレも絶妙な苦味。

自家製の錦糸卵もしっかりと味が付いている。

それらの具材と一緒に食べるのはモチモチした縮れ平打ち麺。

独特の食感も素晴らしいが、小麦の香りがしっかりと堪能できるのも良い。

 

そして何より凄かったのは、かつおだしのジュレ。

縮れ平打ち麺に絡む絡む。

これまで食べた冷やしラーメンの類は、たいていスープがサラッとしており、あまり麺に絡まないというイメージだった。

そのイメージを覆される「平打ち麺×ジュレ」の衝撃は凄まじかった。

 

ということで、2年経った今でも、

冷やしラーメンというジャンルでは、

この一杯が個人的に最も完成度が高いと思っている。

ラーメンというより「極めて上質な懐石料理を食べている」という感覚であり、

そんな感覚にさせてくれるのは、この店しかない。

 

冒頭にも書いたが、この日(2年前)がこの限定麺の最終日であり、もう二度と食べられない事が残念で仕方がない。

一期一会とはまさにこのこと。

 

いつか、リバイバルしてくれるのではないかと期待して、夏になると毎週くろ㐂の大将ブログをチェックしている。

 

ただ、毎週出ている新作限定麺も気になるし、

基本の塩ラーメンや味噌ラーメンも変わったらしいということなので、

並ぶの覚悟で近いうちに再訪してみようと思っている。

 

前回行ったのが↓の記事を書いた約3か月前ということになるので、

さすがにそろそろ行かなくては…。

kenshinkk.hatenablog.com