腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

663. 特上醤油メン@ヌードルボウズn坊(浅草橋):独特の酸味のある醤油スープが激ウマで箸が止まらない新進気鋭の和風ラーメン!

新規開拓シリーズ

第19回目となる今回は、

浅草橋ヌードルボウズn坊さん。

 

こちらは、2021年に入ってからオープンされた、

完全にド新規中のド新規のお店

 

浅草橋駅から徒歩2~3分というところだろうか、

駅前通りからひと区画だけ北上した通りにある。

 

普段良く行く八咫烏の店長である居山さんが

ツイッターリツイートされていたので、

きっと間違いないお店なんだろうなぁということで、

行ってみることにしたのであった。

 

メニューは、

・醤油メン

・担々メン

の2種類。

 

いずれもデフォルトで900円と中々強気な価格設定ではあるが、

それだけ厳選素材を使っていることだろうと予想され、

期待が高まる。

なお、初訪問だったので、

特製の意味と思われる「特上醤油メン」を注文してみた。

 

その他、サブメニューとして

「炊き込みご飯」があったので、そちらも頼んでみた。

 

 

特上醤油メン  

f:id:kenshinkk:20210704091020j:image

非常に美味しそうだが、ちょっと風変わりなビジュアル。

中央のレアーチャーシューの山は結構な高さがあり、

薄切りながら程よく脂ものっていそうで非常に美味しそう。

ただ、なるとではなくかまぼこだったり、

三つ葉ではなくカイワレ

味玉の色も、やや灰色がかっているという、

他の店ではあまり見ない、個性あるチョイス

このラーメンはどこのでしょうか?

というクイズで出たらすぐわかりそう。

 

スープ

f:id:kenshinkk:20210704091004j:image

注目のスープであるが、

透き通った綺麗な琥珀をしており、表面に油の層がある。

油を混ぜながら頂くと、

まずは、醤油の旨味とコクがダイレクトに伝わってきて、

そのあとにスープの旨味がじわじわと感じられる。

若干和風感が漂っているのは、八咫烏さんのに若干似ている。

そして、最大の特徴が後に残る酸味

この酸味の存在が、口コミでは賛否両論あるのだが、

個人的にはいいアクセントというか、

もう一口食べてみようと思わせる引っ掛かりになっていて、

食欲がそそられ、食べる手が止まらないので、

非常にプラスに感じた。

 

なお、お店の説明によると、

醤油は日本一醤油を中心に5種類をブレンド

火入れしたカエシ火入れしていないカエシを使い分けるなど、

こだわりが素晴らしい。

スープは、いりこしいたけ昆布など。

特徴的な酸味は乾物系から出ているのだろうか。

 

また、個人的には油の正体が知りたかったので、

今度行ったときにはぜひ聞いてみたいと思う。

 

f:id:kenshinkk:20210704091008j:image

この麺がまた特徴的で非常に美味しい。

やや加水率高めで全粒粉入りの中細麺

ツルツルっとした滑らかな口当たり程よいコシが特徴的。

菅野製麺さんのフルオーダー麺のようで、

春よ恋きたほなみを使用しているとのこと。

(正直、小麦粉の差まではよくわからなかった)

 

トッピング
f:id:kenshinkk:20210704091014j:image

上述の通り、少しイレギュラーなトッピングであり、

・低温調理レアチャーシュー(昆布締め)

・豚肩ロース煮豚チャーシュー

・かまぼこ

・かいわれ

・味玉

というラインナップ。

 

何といっても美味しいのは低温調理のレアチャーシュー

下処理後に昆布締めしているということもあり、安心して食べられる。

これだけ薄いのに、旨味はしっかりしていて、

非常にレベルの高いレアチャーシューであった。

 

煮豚の方は、かなりガッツリ系の一枚。

日本一醤油に一晩漬けこんでいるということもあり、

しっかり味がしみ込んでいて、めちゃくちゃ美味い。

それなりに分厚さもあり、脂の乗りもほどよく、

こちらもレアチャーに負けず劣らずレベルの高い逸品であった。

 

味玉は、見た目こそ灰色気味だが、

味自体はオーソドックスな味玉であり、

半熟具合もちょうどよく、美味しかった。

 

カイワレはサッパリ感を演出、

口直しにはピッタリだったのかもしれない。

良いアクセントになっていた。

 

まあ、正直言うと、カマボコは謎であった。 

ビジュアル的なバランスだろうか?

 

炊き込みご飯

f:id:kenshinkk:20210704091011j:image

しめじ、しいたけ、油揚げ、チャーシュー、ネギ

と具だくさんの炊き込みご飯。

これだけいろいろ入って150円というのは結構お得感ある。

ラーメンの方が和風ながら意外と味濃いめということもあり、

炊き込みご飯は優しい味付けで丁度良かったように思う。

お腹に余裕がある方はぜひ食べてみてはいかがだろうか。

 

 

 

ということで、

久々に新進気鋭の個性的な醤油ラーメンを頂くことができた。

最近、オーソドックス系が多かったような気がしていたので、

今回のような少し尖った一杯を食べられたのは嬉しかった。

 

ただ、食べログの評判が賛否両論だったように、

これから徐々にブラッシュアップされていくと思われるので、

今後に期待したい。

 

新規開拓シリーズ、一旦次回でラストになります。