腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

483. 背脂醤油ラーメン@稲荷屋(稲荷町):上品なスープとジャンキーな背脂がコラボしたハイブリッドラーメン!

いつもフレンチ風の限定ラーメンを楽しみに通っている稲荷屋さん。

限定が美味しすぎるので、いつも限定をたべてしまうのだが、

まだレギュラーメニューを全部制覇していなかったので、

残りのメニューを食べていこうと思う。

 

残っているのは、

・背脂醤油ラーメン

・辛味まぜそば

 

今回はそのうち、腸への負担が比較的少ないと思われる背脂醤油ラーメンを選択。

背脂というワードが入っている時点で、注文してはいけないメニューの一つなのだが、

翌日に予定が何もないときを狙って注文してみた。

 

背脂醤油ラーメン(太麺) 800円

f:id:kenshinkk:20190120164813j:image

スープ一面を埋め尽くす背脂

見た目からして、完全にドクターストップな逸品である。

予想通りニンニクの香りもほのかに漂ってくる。

正直これはたまらない。

 

スープを一口すすると、強烈な脂身の甘味醤油強めのカエシ

そして、もちもちした食べ応えある太麺

 

ここまでは完全に二郎系のようでもある。

ただひとつちがうのは、後味の圧倒的なスッキリ感

 

背脂たっぷりなはずなのに、ギトギト感がほとんどないのである。

ニンニクもある程度入っていてパンチは十分あるのに、後には残らない。

いやー、背脂系を食べるのはあきらめていたが、

食べている感覚的には、これなら腸へのダメージは少なそう。

※注:根拠のない、個人の感想です。

 

基本の醤油ラーメンのスープが上品な清湯系なので、

全体がすっきりまとまっているのではと思う。

 

トッピングとしては、

この店の代名詞ともいえる低温調理レアチャーシューを筆頭に、

もやし、ネギ、メンマ、味玉(半分)、海苔、と盛りだくさん。

なお、具増しにはしておらず、デフォルトでこれである。

素晴らしいコスパ

 

低温調理レアチャーシューはワンタンメンの回(※)でも書いたが、とにかく絶品。

背脂系にはテッパンで合うモヤシを大量に入れてくれているのも嬉しい。

味玉はデフォルトで半分入れてくれているので、別注文してしまうと1個追加ということなのだと思う。

 

ということで、

背脂好きの人にはもちろん、

最近「二郎系はちょっと…」と思い始めた人にもオススメの一杯である。

なお、細麺と太麺が選べるが、

二郎系好きな方には圧倒的に太麺がおすすめ。

ただ、食べログ等の口コミをみると、細麺派の方も多く、迷いどころである。

 

さて、これで稲荷屋のメニューは

辛味まぜそば

を残すだけとなった。

次回、いよいよ激辛という禁忌の扉を開く。

 

※ワンタン麺の記事

kenshinkk.hatenablog.com