腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、病状が悪化してでも食べたいと思う逸品(主に麺類)を思いつくままに紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

442. ポタージュ・サンジェルマン@稲荷屋(稲荷町):まさかのアイス乗せラーメン!

アイスクリームが乗ったラーメンをみたことがあるだろうか?

 

フレンチとラーメンの融合でお馴染みの稲荷屋さん。

2019年夏の限定にて、アイス乗せラーメンに初めて遭遇した。

 

今年度食べた限定ラーメン(※末尾参照)はいずれも豪華かつ美味であったので、

夏はどんな冷やしが来るのか非常に楽しみであったが、

6月・7月の限定はまさかのポタージュ

ポタージュという名前からは冷たさをまったく想像できないが、

食べてみたらキンキンに冷えていて夏にぴったりの一杯であった。

 

ポタージュ・サンジェルマン

f:id:kenshinkk:20190608121552j:image

中央に鎮座したアイスクリームが象徴的な一杯。

アイスについては後述する。

 

まずは、皿ごとキンキンに冷えた黄緑色の濃厚スープ。

緑の正体はグリンピース

グリンピースの爽やかな風味と若干の甘みとクリームのコクが非常に上品で、

ビシソワーズを数段美味しくしたようなスープである。

なお、今回のお名前「ポタージュ・サンジェルマン」については、

かつてパリ近郊のサンジェルマン・アン・レがグリンピースの産地だったことから、

グリンピースを使ったスープと呼ばれる様になったそうである。

 

このスープの材料は、

・グリンピース

・ポワロー(西洋ネギといわれる長ネギの一種)

・玉ねぎ

・人参

・生クリーム

・ブイヨン

ということで、グリンピースだけでなく様々な野菜の旨味が溶け込んでおり、

しっかりとしたベースの出汁の美味しさが爽やかさの奥に垣間見えるのである。

 

限定麺ではおなじみの極太の平打ち麺に濃厚スープがよく絡む絡む。

前回もそうであったが、やはりクリーム系にはよく合うようだ。

 

そして注目の、カリフラワーのアイスクリーム

これが絶品。

材料としては、

・カリフラワー

・ポワロー

・牛乳

・生クリーム

・フォンドボライユ(フレンチの鶏ガラスープ)

・バター

・卵

というところなのだが、

鶏スープのおかげか、ほのかな塩気もあり、これをつまみながら麺を頂けば、

塩気と旨味が甘めのスープとよく合って最高のハーモニーとなる。

冷たいアイスクリームをスープに溶かして食べても勿論美味しい。

 

アイスの下にはカリカリのパンツェッタが2枚。

これがまた素晴らしいアクセント。

アイスよりももう一段階強い塩気担当になるわけだが、

旨味も凄まじいため、一気に食べてはもったいない。

パンツェッタを少しずつかじりながら、

アイス・スープ・麺とをバランスよく頂くのが、

ベストな食べ方だろう。

 

また、頂上に乗っている村上農園製ハーブも爽快でいいアクセント。

ハーブ自体は日替わりらしく、名前まではわからなかったが、

良い香りを放っており、全体を引き締めていた。

 

ということで、

暑い夏にはピッタリの一杯であった。

まさかラーメン屋でこんな上質なアイスクリームが食べられるとは驚きである。

 

ひとつ残念だったのは、

この一杯を食べたのが気温の低い日だったので、

冷やしのありがたみを100%享受できなかったこと。

 

梅雨が長引いているせいでなかなかチャンスに恵まれないが、

次こそは、うだるような暑さの日に食べに来たいと思う。

チャンスのある方はぜひ試していただきたい。

 

 ※2019年の限定一覧

・12月1月 

kenshinkk.hatenablog.com

 

・特別限定(2月) 

kenshinkk.hatenablog.com

 

・2月3月

kenshinkk.hatenablog.com

 

・4月5月

kenshinkk.hatenablog.com