腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎持ちの筆者が、病状が悪化してでも食べたいと思う逸品(主に麺類)を思いつくままに紹介するブログです。

185. つけ麺(魚雷@春日)

サイフォンとエスプーマの衝撃から約10日。

いてもたってもいられず、また来てしまった。

 

↓前回記事 

kenshinkk.hatenablog.com

 

 

今度はつけ麺(中盛300g)を注文した。

f:id:kenshinkk:20170728225023j:image

※値段は910円

 

透き通ったスープのラーメンだったので、つけ麺も薄めなのかなーと思いきや、しっかり濃厚。

ラーメンのようにエスプーマの泡は乗ってなかったが、

味と香りの濃さは相変わらず抜群。

動物系と魚介系のスープのバランスが絶妙。

サイフォンで抽出したスープが注がれている効果なのか、カツオの味が非常に強く感じられる。

 

具は

鳥チャーシュー2枚

豚チャーシュー1枚

ナルト

メンマ

小松菜

うずらの卵

ネギ

 

ラーメンのように選択制ではないが、王道の具を入れてくれている。

 

麺は、まず見た目からきれいである。

水が良く切られていて、表面がなめらかで食べやすい。

小麦からこだわっているだけあって、しなやかで歯ごたえも良い。

ラーメンの麺よりはだいぶ太く、断面は真円ではなく、やや平打ち気味の麺。

縮れているので、スープも良く絡む。

中盛りの300gでも、意外と量がある。

 

食べ終わってからのスープ割りもひと工夫入っている。

まずは割り用スープが入り、そこに柚子粉末とネギが入る。

そして、麺で冷えてしまったスープをレンジで温めてアツアツの状態にしてから出してくれる。

割り終わった状態はラーメンより少し味が濃い目。でも、不思議としょっぱくない。

割ると量も増えるので、贅沢なスープを心ゆくまで楽しむことができる。

 

残りは冷やしだけなので、近いうちに制覇してしまいたい。