腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

235. 特濃鶏白湯そば@魚雷(春日):濃厚鶏白湯×サイフォンかつお出汁!

サイフォン抽出スープでおなじみの魚雷。

http://kenshinkk.hatenablog.com/entry/2017/07/17/205107

 

先日その新メニューを味わうことができた。

 

特濃鶏白湯そば 950円 

f:id:kenshinkk:20170916191343j:image

 

名前の通り濃厚な鶏のスープだが、ドロドロというところまでいかず、ちょうど良い濃さ。

そこに魚雷特有のカツオと煮干しの香りも相まって、旨味が凝縮されたスープになっている。

 

もともと基本の中華そばにも鶏のダシは入っているが、濃さはその非ではなく、ちゃんと鶏のダシの旨味や甘味がしっかり感じられる。

 

実は無料で辛味がつけられるので、食べられる人はぜひつけて食べて欲しい。

自分は食べられないので断ったが、スープがやや甘めなため、ピリッと辛味要素が入れば格段に美味しくなったのは間違いないだろう。

 

麺はつけ麺と同じやや太めの平打ち麺で、濃厚なスープが良く絡む。この濃さならこの太さは正解だと思う。

 

具は炙りの豚チャーシューと鶏チャーシュー、ネギ、キクラゲ、小松菜、メンマ、ナルト。

中でも小松菜は、葉っぱが結ばれていて、芸が細かい。

 

値段の950円というのがやや高いかなーという印象を受けたが、この味なら文句は言えない。

きっとまた頼んでしまうと思う。

 

素晴らしいラーメン屋が職場の近くで本当に良かった。