腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、病状が悪化してでも食べたいと思う逸品(主に麺類)を思いつくままに紹介するブログです。

301. 塩ラーメン&そぼろご飯@麺みつヰ(浅草)

年内最後のノー残業デー。

2017年の最後にどのラーメンが食べたいか?

そう考えたときに、自然と思い浮かんだのがここのラーメンであった。

※前回記事はこちら

kenshinkk.hatenablog.com

前回は超時間並んだだけに、心配していたのだが、

今回はひたすら寒かったこともあって人はほとんど並ばずに入れるという僥倖。

前回は醤油味を食べたので、今回は塩味。

麺はもちろん手もみ麺を選択した。

f:id:kenshinkk:20171229183911j:image

塩ラーメン750円

塩味も醤油味と同様に、シンプルイズベストを極めたようなラーメン。

澄み切ったスープと手もみ麺のバランスが最高である。

この完成度で750円は本当に安すぎる。

前回も書いたが、ロースとバラの2種類のチャーシューがとくに素晴らしく、

他の具たちも完璧に麺とスープと調和していて素晴らしい。

塩味はスープ自体のうまみがダイレクトに伝わってくるので、

出汁をじっくりと味わいたいという場合は塩味の方が良いかもしれない。

醤油味とどちらが美味しいかと言われると、本当に甲乙つけがたい。

どちらもそれぞれの良さがあるが、強いて言えば醤油の方が好みかなというところ。

 

また、この日はたまたま父を連れて行ったのだが、

細麺好きの父は迷わず細麺を選択。

少し味見をさせてもらった。 f:id:kenshinkk:20171229194425j:image

細麺と言っても九州豚骨ラーメンのような細さではなく、やや中細ぎみ。

やや柔らかめなので、固め好きには物足りないかもしれない。

それでも、薄目の優しいスープによく合う麺であった。

 

f:id:kenshinkk:20171229183942j:image

そぼろご飯(普通盛)100円

今回頼んだサイドメニューはこちらのそぼろご飯。

まず100円という値段にびっくりである。

しかしながら、100円だからと言って油断してはいけない。

ものすごく高クオリティなそぼろご飯である。

まず、ご飯が美味しい。

もちろん国産米で、炊き加減が丁度よい。

そして肉そぼろなのだが、ところどころ山椒の実が入っているのが特徴。

いわゆる「ちりめん山椒」のような感じで、時々ピリッとくる。

そのバランスがまた何とも絶妙で美味しい。

このそぼろだったら、ご飯の量が倍でも食べられるなという印象だった。

 

サイドメニューは他に、

・おろしそば

ソースカツ丼

があったので、次回お腹に余裕があるときはチャレンジしてみたい。

 

ちなみに、自分が店に入ってから15分後、スープ切れにより閉店してしまった。

時刻にして19時30分ごろである。あまりに早すぎる。

店長さんに聞いたところ、一日に打てる麺の量に限界があり、

それに合わせてスープも作るため、少なくなってしまうそう。

よって、この店に行く場合は、営業時間帯の早めを狙うのがベターである。