腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、病状が悪化してでも食べたいと思う逸品(主に麺類)を思いつくままに紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

256. 茄子と挽肉の煮込み@華春楼(浅草):リーズナブルな本格中華!浅草ならバーミヤンよりココ!

浅草の伝統ある中華料理屋。

かなりリーズナブルに本格的な中華料理を楽しむことができる。

場所としては、TXの浅草駅の近くで言問通り沿いなので、銀座線や都営線の浅草駅からはアクセスしづらいかもしれない。

 

メニューは山ほどあるのだが、最も好きなのはこちら

f:id:kenshinkk:20171006120818j:image

茄子と挽肉の煮込み 1200円

 

煮込まれた茄子と挽肉に特製の醤油餡がかかっている。

見た目はシンプルな料理なのだが、他の店にはなかなか無いメニューであり、味も非常に上品で美味しい。

何と言っても特製の醤油餡が素晴らしく、後味がすごくサッパリしている。

生姜が効いているのがポイントかもしれない。

また、茄子はおそらく煮込んだ後に素揚げしてあると思われ、煮込み過程で吸ったスープによって大変ジューシー。

脂量もおそらくそこまで多くなく、これでお腹を壊したことはないので、安心して食べられる(あくまで経験則的だが)。

 

ちなみにこのメニューはアニマル濱口親子もテレビでオススメしていたのを見たことがある。

 

夜は1200円とやや高額だが、ランチではご飯とサラダ付きで1000円未満で食べることができるので、是非オススメである。

 

他のメニューでは、特筆すべきはやはりチャーハン。

f:id:kenshinkk:20171006215415j:image

まあ中華料理屋でチャーハンまずい店は少ないのだが、もちろんここも漏れなく美味しい。

そして620円という安さが嬉しい。

パラパラ感はそこまで強くないが、

ここのはややしっとり目で油の量も少なめなのでお腹への負担も小さい。

 

また、この店は焼き餃子が無い。

本場中国でも焼き餃子がある店は少なかったが、唯一ある餃子は水餃子である。

f:id:kenshinkk:20171006215819j:image

皮が非常にモチモチしていて、自家製感満載。

中の餡もシンプルだが飽きがこない味なので、何個でも食べられる。

といっても、王将やバーミヤンほど安くは無いので、バクバク行くわけにはいかないが…。

 

また、写真はないが、ここの「とりそば」がなかなか絶品。

具が鳥と青菜だけのシンプルな塩味のラーメンだが、透き通ったスープに鳥の良い出汁がでていてゴクゴク飲める一杯。

しかも650円と格安。

 

ということで、浅草ROX近辺で食べるところ迷った時にはオススメのお店である。