腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、病状が悪化してでも食べたいと思う逸品(主に麺類)を思いつくままに紹介するブログです。

252. 濃厚豚骨魚介ラーメン(豚骨一燈@本郷三丁目)

つけ麺がメインの店であえてラーメンを食べてみることにした。

つけ麺の記事はこちら↓

196. 豚骨一燈@本郷三丁目 - 腸壁を削って美味い物を食す

 

f:id:kenshinkk:20171003222505j:image

濃厚豚骨魚介ラーメン780円

※つけ麺より50円安い

 

つけめんがメインの店なので、スープ割り後と似たような感じかなーと思いきや、
ちゃんとラーメンだったのでびっくり。

つけ麺の時と変わらずスープはアツアツで、独特のまろやかさがある。
これ以上濃くされるとしつこいなーというギリギリのラインを攻めているのが良い。

 

つけ麺よりはやや細めの麺で全粒粉タイプ。

ただ、細いというのはあくまで相対的な話であって、ラーメンとしてはかなり太い方に入り、歯ごたえがしっかりあってモチモチしている。

 

具は極太メンマとチャーシューと海苔とシンプル。

チャーシューはやや薄め。

つけ麺の時の方が大きくて角煮っぽいどっしりしたものが入っている。

この辺りが価格差に繋がっているのかも。

でも、780円でこの味、この食べ応えなら大満足である。

 

ただまあ欲を言えば、つけ麺の時に入っている柚子だけは入れて欲しかったなーというところ。

 

また、自分は食べられないが、カレーラーメンというメニューがあって、すごくうまそう。

こういう濃厚な豚骨魚介には絶対合う。

錦糸町の中川會で実証済みである。

 

※中川會の記事

199. 麺屋 中川會@錦糸町 - 腸壁を削って美味い物を食す

 

ということで、これからはつけ麺専門店のラーメンもチャンスがあったら試してみるつもりだ。