腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、病状が悪化してでも食べたいと思う逸品(主に麺類)を思いつくままに紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

239. まぐろ問屋 十代目彌左エ門(秋葉原):秋葉原でまぐろを食べたいならここ!

秋葉原のアトレにあるお店。

その名の通り、マグロがメインの和食ダイニング。

 

やや値段が高いのが気になったが、非常に美味しい魚料理を味わうことができる。

ただ、全体的に1人前がやや少なめなので、少人数で行くのが良いかもしれない。

 

今回頼んだのがこちら。

f:id:kenshinkk:20170920224902j:image

マグロのカマ焼き

 

マグロ問屋ならではのメニュー。

食べる部分が少ない店も多いが、ここのは意外と多く、脂も良く乗っているので食べ応えは充分。

酒のつまみには最高である。

 

f:id:kenshinkk:20170920224938j:image

マグロ刺し4種盛

 

メバチマグロ赤身

メバチマグロ中トロ

メバチマグロハラモ

・本マグロ中トロ

の4種。

ハラモとはシャケでいうハラスのこと。

内臓の周りの肉で、一番脂が乗っている。

大トロとはまた違う脂の乗り方。

それでもやっぱり本マグロが一番美味い。

 

f:id:kenshinkk:20170920225040j:image

のど黒握り

 

3個で1200円というなかなかのお値段。

でも美味しかった。

ほんのり炙られていて脂もよく乗っている。

すだちもよく合う。

けど…1貫400円なので、正直もうちょっと大きくしてほしい…。

 

 

f:id:kenshinkk:20170920225116j:image

メカジキと大根の煮付け

 

まずタレの味付けが素晴らしい。

その素晴らしい味付けのタレが大根にもメカジキにも染み渡っている。

両者ともにとてつもなく柔らかく、箸ですっと切れる。

正直、この2倍くらいは食べたかった。

 

f:id:kenshinkk:20170920225136j:image

本マグロ中トロのステーキ(100g)

 

上質な中トロが表面だけしっかり焼かれて、中は生の状態で出てくる。

焼かれている部分の香ばしさがたまらない。

ネギとカイワレを巻いて、岩塩をまぶして食べる。

ご飯にたくさん乗せて丼にして食べたい美味しさ。

ただ、残念ながら白いご飯というメニューが無いんだよなぁ…。

 

どれも素晴らしかったが…、量に対して値段がやや高かったのは否めない。

接待など、ちょっと良い店を使わなきゃならない場合には良いかもしれない。

 

また、ランチメニューは1000円前後で割とリーズナブルっぽかったので、次回はランチに行ってみたいと思う。