腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

289. マグロハラスのもろみ漬け@しんぱち食堂:高コスパ定食屋の超絶当たりメニュー!

前回も紹介した、例の激安定食屋の超絶当たりメニュー。

初期のメニューには存在せず、

最近になって急に追加された新メニューだったので食べてみたが、

もっと早く試してみるべきだった。

※期間限定だったらしく、現在は販売されていないようです。

 

f:id:kenshinkk:20171122004350j:image

マグロハラスのもろみ漬け 800円

 

これまでいくつもの焼き魚定食を紹介してきたが、ここにきてまさかのダークホースが登場。

数々のレギュラーメニューをごぼう抜きにし、個人的には1位に躍り出てた。

 

特筆すべきはその味付け。

もろみ醤油が良い感じに効いていて、

程よく脂の乗ったマグロの肉とベストマッチ。

炭火で焼いているので、程よい香ばしさもあるところが良い。

「日本人は醤油の焦げた香りに弱い」と何かの番組で聞いたことがあるけど、まさにその通りだと思う。

 

マグロのハラスというと、要はトロの部分なのでそんなに安くはないはずなのだが、なぜこんなに安くできるのだろうか。

グロステーキというと、とても生では食べられないパサパサな部分か、脂だらけで食べるのがしんどいような部分だったりもするが、

ここのはそんなことは無く、程良い脂の乗り方をしていた。

きっと生で食べてもそれなりに美味いのではないだろうか。

まあ言われてみれば、一部に血合いのような部分があったかなーという程度で、そこを除けば肉質はほとんど気にならなかった。

 

このままレギュラーメニューに定着してくれることを祈っているが、もしかしたら期間限定なのかもしれないので、

季節が変わらないうちにもう一度食べに行きたいと思う。