腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎持ちの筆者が、病状が悪化してでも食べたいと思う逸品(主に麺類)を思いつくままに紹介するブログです。

60.そして誰もいなくなった

ドラマ見て改めて原作小説のすごさを思い出した。

1930年代の作品ということでかなり古い作品だけど、

孤島から出られなくなった10人が1人ずつ殺されていくという、ミステリーのパターン「クローズドサークル」の先駆けと言われる作品。

いろんなミステリー作品でオマージュされてるだけあって、このパターンをゼロから生み出したというのは本当に凄いと思う。

閉ざされた空間に殺人犯がいるかもしれないという緊張感。

島から出られないという絶望感。

その中でどうやって生き残るか、サバイバル的な要素もある。

そして、巧妙な伏線と、驚愕の真相。

本当に凄いものを生み出してくれたことに感謝したい。

 

それに、歌になぞらえて殺人が起こるという、これも後々にいろんな作品に使われるパターン。

コナンとか、金田一とか、古畑任三郎とか、好きなミステリーものでよく使われてる。

殺人が起き始めると、殺人がまだ続くという恐怖感を煽り、

はたまた、アリバイに利用されたり、死の偽装に使われたり。

ほんとよく思いつくよね。

 

この作品の完全なるオマージュとして作られたと思われる、「十角館の殺人」や「そして2人だけになった」も後々別の記事で書こうと思うけど、そういったオマージュ作品がたくさん出てること自体、本当に凄いことなんだと思う。

 

さて、今回のドラマはどんな結末を迎えるかな。