腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、病状が悪化してでも食べたいと思う逸品(主に麺類)を思いつくままに紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

440. ステーキ重@本みやけ(大阪・梅田):新たな大阪名物?粉物に飽きた人にオススメ!

前回に引き続き、大阪出張編、第4回。

kenshinkk.hatenablog.com

朝はコンビニのおにぎり、

昼には前回記事の「かすうどん」を食べていて、

夜だけはガッツリ行きたいなー、

でもさすがに連日ラーメンは体に良くないよなー

と思いつつ、夕飯候補を検索していた。

 

せっかくなら「大阪名物」と思ったものの、

粉ものおよび揚げ物以外の名物にどんなものがあるか見当がつかず、

グーグル先生に頼って、いろいろと調べてみた。

そして見つかったのが、

今回行くことにした「ステーキ重」というジャンル。

 

たしかに、ステーキをそのまま出すお店は東京にも多いが、

「重箱」にいれて提供するスタイルのお店は東京には少ない。

実際、「ステーキ重」で検索すると、次候補には「大阪」が出てくる。

 

それならばと、ステーキ重で有名なお店を探すと、

すぐ近くの梅田駅だけでも2~3店舗出てくるではないか。

 

これは一番有名なところにいくしかないということで、

本みやけ」さんを選択することに。

 

もちろん、食べログ評価も高いのだが、

長時間並ぶことでも有名。

それでも、せっかく大阪に来たのだからということで、

長蛇の列に挑むことにした。

 

実際に店の前に行ってみると、20人近くの行列。

これは一時間コースかなーと思っていたが、

店員さんによると「30分くらいで入れますよ」とのこと。

たしかに回転が速いようで、

店員さんの言う通り30分ですんなりと入れてしまった。

 

メニューは

・牛鍋 900円
・特撰和牛ロース鍋 1,620円
・豚ちり鍋 770円
・牛とじ丼 600円
・ステーキ重 930円
・特撰和牛ロース重 2,040円

なんてリーズナブルなのだろう。

 

せっかくなので、特選和牛ロース重をいきたかったのだが、

残念ながらこの日は売り切れ。

渋々、普通のステーキ重(オージービーフ)を選択することにした。

 

ステーキ重 (肉大盛り)

f:id:kenshinkk:20190616184840j:image

何と綺麗な焼き色だろうか。

ミディアムレアで、中心の赤みが何とも鮮やか。

肉は非常に柔らかくて、ステーキよりもローストビーフに近いかもしれない。

でも、ローストビーフとは段違いの肉の分厚さ。

この厚い肉でご飯をガッツリいける幸せったら他にない。

タレは醤油ベースの和風系でご飯ともよく合う。

和風なので、山椒ともよく合い、その点ではしっかり「重」になっている。

このパターンは初めて食べた。

自分は大盛りにしたが、普通盛の場合はこれで1000円を切るので、

コスパはものすごい優秀だと思う。

これは並ぶのも納得である。

 

今回は通常ランクのお肉であったが、

それでも十分満足できるほど美味しかったので、

次回チャンスがあれば特選和牛も食べてみたい。

また、寒い時期であれば牛鍋も良いかも。

 

阪急梅田駅の地下2階にあってアクセスも良いので、

大阪に来たけど「粉ものには飽きた」という人にはぜひおススメである。

 

ということで、

出張2日目も食事は大満足で最終日を迎えることに。

 

次回、大阪出張編⑤(最終回)に続く。