腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、病状が悪化してでも食べたいと思う逸品(主に麺類)を思いつくままに紹介するブログです。

279. 牛8@新宿歌舞伎町

新宿でコスパの良い焼肉屋を探していたら見つかった。

歌舞伎町一番街を少し奥に入ったところにある。

f:id:kenshinkk:20171112125407j:image

看板にもある通り、黒毛和牛A4限定ということで、全体的に非常に肉質が非常に良い。

それでいて、満腹にほど近いくらい飲んだり食ったりして、ひとり4000円。

もにすごくリーズナブルであった。コストパフォーマンスは非常に高い。

 

まず頼んだのはこちら。

f:id:kenshinkk:20171112195759j:image

ネギタン塩

ちなみにネギは後乗せなので写っていない。

焼いても全く硬くならずに食べられたので、かなり上等なタンだったと思う。

 

f:id:kenshinkk:20171112195835j:image

続いて、切り落としミックス。

厳選肉の切り落としらしく、数量限定品であった。

よく見るとサシの入った部位も多々あり、これで1000円を切っているのはかなりお得だと思われる。

集団で行くと、どの部位にするか喧嘩になる可能性があるので要注意。

 

f:id:kenshinkk:20171112195854j:image

続いてカルビとハラミ。

カルビが美味いのはもちろんのこと、ハラミが非常に上品だったのが素晴らしい。

ここまで脂が少なくそれでいて柔らかいハラミは今までに食べたことがないかもしれない。

 

f:id:kenshinkk:20171112195912j:image

続いてが、厳選モモ(焼いた状態しか撮れていなかった)。

厳選というだけあって、程よくサシが入りつつも肉の旨味が非常に強い。

もともと脂が少ないモモ肉が好きだったので注文させてもらったが、自分たちのグループが頼んだ直後に売り切れていたのでラッキーだった。

普段は安売りのランプ肉を食べているが、たまには高いものを食べるのも良いなあとしみじみ思うのであった。

そして、肉とともにこちらを注文してみた。

f:id:kenshinkk:20171112200016j:image

肉専用の黒ワインということで初めて飲んでみだが、まあ要は色が濃い赤ワイン。

香りがものすごく強く、フルーティーで、色だけでなく味も濃い。

それでいて、渋みは全くないので、飲みやすい。

ワインを味わうだけなら物足りないかもしれないが、肉がメインで一緒に飲むためのワインとしては、たしかに最高かもしれない。

 

その後、ワインとともにロースやレバー、シマチョウなどを頂き、終了となった。

(写真は撮り忘れたが、ロースやレバーも絶品だった)

 

残念だったのは、「黒毛和牛特選肉のたたき」「とろ肉3秒あぶり」がいずれも売り切れてしまっており食べられなかったこと。

それでも、新宿で良い焼き肉屋を見つけられたのは収穫だった。

 

次回は、もう少し早い時間に行って、是非食べてみたい。