腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、病状が悪化してでも食べたいと思う逸品(主に麺類)を思いつくままに紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

222. サービスハンバーグ(肉食堂 優@浅草橋):自分で焼いていくスタイルの高コスパな絶品ハンバーグ!

肉の卸問屋が始めたというハンバーグ屋。

浅草橋の駅からすぐそばにある。

 

今回はひとまずメインのハンバーグを頼んでみることに。

f:id:kenshinkk:20170903125458j:image

サービスハンバーグ 120g (630円)

+ライス(120円)

+チェダーチーズトッピング(150円)

 

アツアツの鉄板で焼かれながらの登場。

中はレアなので自分で鉄板で焼いていくスタイル。

自分でカットしていって、赤身部分を焼いていくのだが、肉汁が凄まじい。

配られるエプロンをしてないと、服が大変なことになるくらい肉汁が飛び散る。

焼いた感じでは脂多めの部位を使っているのかもしれないなーと思っていたが、

食べてみるとしっかりした肉の味も感じられて美味しい。

 

ソースは今回はチーズとの相性を考えてデミグラスを選んだ。

焼く前にソースをかけてしまうと焼きづらくなるので、ディップする形で使った。

デミグラスの味はオーソドックスなタイプで、肉ともチーズともよく合っていた。

他にソースは5種類あり、「てりやき」「ネギ塩」「わさび醬油」「バジル」「ポン酢」。

どれも美味そうなので近々試してみたい。

 

今回のサービスハンバーグは120gと小柄ではあったが、

この味で630円という凄まじい安さなので、コストパフォーマンスは抜群。

大きさは400gまで約30〜50gずつ小刻みに設定することができ、

400gでも2000円以下という値段設定は、肉問屋ならではだと思う。

 

また、トッピングはチーズ以外に、

フレッシュトマト、アボガド、オニオンスライス、温泉玉子なども選ぶことができ、

組み合わせによっては化けそう。

 

バジルソース、フレッシュトマト、チーズを入れて完全にイタリアン仕様にするのは

今度ぜひやってみたい。

 

ということで、

整骨院でよくいく浅草橋にコスパの良い店を発見できたのはなかなかの収穫だった。