腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎持ちの筆者が、病状が悪化してでも食べたいと思う逸品(主に麺類)を思いつくままに紹介するブログです。

154. インターン

理系学生対象のインターンの内容を考えることになった。

 

インターンを考えるのは別部門の仕事のような気もするが、

良い人材を集めるためにも、ちゃんと協力しなければ。

 

自分が就活をしていた一昔前までは5日間とか、1週間とか、ある程度の期間がないとダメだったらしいが、ルールが変わったようで1日からでもできるように緩和されたらしく、それを受けてうちの会社でも実施をすることになった。

 

会社側としては、優秀な人材を確保したいといったことや、企業イメージのアピールといった部分が大きいのかもしれないが、

学生側はいったいどんな目的でインターンに参加するのだろうか。

 

正直、自分は研究第一だったのでインターンには目もくれなかった。

でも今は学生のインターンの参加率が年々増加傾向らしく、

1日以上のインターンでは参加率は7割くらいらしい。

 

ネットの情報によると、学生が参加する理由は、

・会社に関する情報がほしい

・業界研究の一環

スキルアップしたい

・採用に直結しているから

といったことが多いらしい。

 

でも、そのインターンも内容が伴ったものでなければ、逆に会社の評判を落としかねないので、気軽に考えるわけにもいかない。

 

内容としては、

・見学、体験タイプ

・講義タイプ

・プロジェクトタイプ

・実務、実践タイプ

という分類があるが、いまのところプロジェクトタイプになりそう。

 

懸念しているのは、学生が求めていることと、かけ離れた内容になってしまわないかどうかということ。

もちろん、参加して良かったと思って帰ってもらいたいのだけれども、

あまりにお客様扱いしすぎてしまって、得るものの少ない内容になってしまうのも良くない。

 

果たしてどういうものにしていけばよいのか。

普段の業務を進めながら考えなければならないので、これからが大変である。