腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、病状が悪化してでも食べたいと思う逸品(主に麺類)を思いつくままに紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

459. 武骨らー麺(黒)、濃厚武骨つけ麺@麺屋武蔵武骨(上野):15年を超えて激戦区・上野で人気を保ち続けている名店!

ラーメン激戦区:上野においては、古株となってしまったこちらのお店。

本ブログでは紹介していなかったので、今更ながら記事にしてみる。

 

オープンは2003年ということで、前述の通りなかなかのベテラン選手である。

オープン当初はそこまで麵屋武蔵が浸透していなかったことに加え、

上野も今ほどの激戦区ではなかったので、毎日のように行列になっていた。

 

かくいう私も10年以上前、高校生のときには、たまに行っていたのだが、

割と「こってり系」寄りのイメージだったので、

発病してからは数年間全く行かない期間があった。

その間にメニュー構成も大きく変わっていたこともあり、

再度味わってからレビューを書くことにした。

 

また、本ブログでも何度か紹介した姉妹店「武骨相傳(※)」さんは、

武骨から派生した姉妹店であり、メニュー構成等もよく似ている。

 

※武骨相傳さんの記事 

kenshinkk.hatenablog.com

 

さて、そのメニュー構成はというと、

・らー麺(白、黒、赤)

・つけ麺

それぞれ、頭に「武骨」がつくと、特製(煮豚+煮卵)ということになる。

そして、つけ麺は1kgまで大盛り無料という大判振る舞い。

ただし、そんな食べきれないし、頼んでいる人も見たことがない。

 

白、黒、赤の3色のスープについては相傳さんとほぼ同じであり、

白:基本の味(豚骨ベースでやや魚介系が入る)

黒:イカスミとマー油の黒、香ばしさをプラス

赤:辛味をプラス

 

という構成。

初心者は「」、

ありきたりが嫌な人は「」か「」をおススメする。

なお、「赤黒ミックス」もできるらしい。

 

今回は、相傳でも美味しかった「」を注文した。

 

武骨らー麺(黒) 1100円

f:id:kenshinkk:20180707115246j:image

ビジュアルからすると、ものすごく「」である。

イカスミが強いのかなーというくらい黒いが、実際はマー油の割合がかなり高い。

なので、ニンニクの風味がかなり強いので、直後に人と会う場合は要注意。

なお、黒い油の層は表面だけであり、

混ぜていくと基本の「」である豚骨魚介スープが出てくる。

食べてみて、イカスミ&ニンニクの入っていないスープが良ければ、

とりあえずを選んでおくのが無難かもしれない。

辛みを足したい人はも良いと思うが、私は食べたことが無いので書けない。

 

麺は、おなじみの極太麺

つけ麺に入っていてもおかしくないくらいの太さである。

モチモチとした食感で、やや角ばっているのが特徴的。

スープの濃厚さに全く負けない存在感はさすがのひとこと。

 

トッピングは、メンマ、豚角煮×2、味玉、とかなりシンプル。

ノーマルだと、メンマ豚角煮×1となる。

ただ、この豚角煮が昔から恐ろしいほど美味しい。

タレの中でじっくりと煮込まれた豚バラは、

タレの味がしみ込んでおり、箸でスッと切れる柔らかさ。

脂身もちょうどいい残り方をしていて、残っている部分は甘くて非常に美味しい。

腸にとっては、かなり大きな負担となるわけなので、

翌日に仕事がないときに行くようにしている。

味玉はしっかり半熟なのに、味もしっかりついていて非常に美味しい。

 

濃厚武骨つけ麺 1100円

f:id:kenshinkk:20180707115112j:image

こちらは、プレーンのみ。

アレンジが食べたければ「相傳」の方に行けということだろう。

つけダレは、らー麺の「」を若干濃くしたような感じ。

意外と背脂が多かったので、腸への負担はやや大きいかもしれない。

その背脂のおかげでやや甘めのつけダレなので、

物足りない人は卓上の唐辛子や、お酢などを加えると良いかもしれない。

麺は、ラーメンと同じで、やや角ばり気味の極太麺。

つけ麺の方が麺の美味しさはダイレクトに分かるので、

極太麺好きにはつけ麺をおススメしたい。

また、卓上に割りスープが常備されており、入れ放題なのは嬉しいところ。

 

ということで、

15年を超えて激戦区・上野で人気を保ち続けている名店をレビューした。

以前ほどでないとはいえ、未だに並んでいることが多々あるので、

訪問する際にはピーク時は避けた方が良いかもしれない。