腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎持ちの筆者が、病状が悪化してでも食べたいと思う逸品(主に麺類)を思いつくままに紹介するブログです。

285. チーズカレー@日乃屋カレー

禁忌への挑戦シリーズ。

今回はカレー。

 

カレーにはトラウマがあった。

発病後に一度シンガポールに行ったことがあり、その際に激辛カレーを一口だけ味見して、その味見の分だけでお腹を壊してしまった。

腹痛はその日の夜から2日間続き、もちろん下りっぱなし。

帰りの飛行機はオムツを検討するレベルだった(実際には履かなかった)。

 

そんなこともあって、それ以来、カレーと名のつくものは全て避けてきて、カレーに対する食欲も湧かないレベルだった。

 

しかし、何がきっかけだったのか自分でもわからないが、ふと食べたくなってしまった。

その時たまたま目の前にあった店が、この日乃屋カレー。

食べ慣れてるココイチやc&cではなく、食べログで高得点を叩き出すような店でもなく、本当にたまたま入った店だった。

 

そして、たまたまその日はチーズ増量中だったので、こちらを注文した。

f:id:kenshinkk:20171114001858j:image

チーズカレー 730円

 

大盛りまで無料だったが、並盛りで300gのご飯ということで、大盛りにはしなかった。

 

久しぶりのカレーはものすごく辛く感じた。

3年以上の辛いものブランクがあったわけで、からさに対する味覚は超絶敏感になっていて、2口目を食べる時にはもう汗が噴き出していた。甘口から徐々に慣らしていくべきだったと後悔した。

でも、味自体はとても美味しく、久しぶりのカレーというものに感動していた。

ルーとチーズの相性も抜群で、チーズがちゃんととろけていて、かつ量も多かったのは良かった。

 

またここのカレーの特徴のひとつがルーの「全がけ」であり、個人的にはこちらの方が楽なので好きである。

混ぜる手間も省けるし、ペース配分を間違える心配が無いというのが良い。

他のお店だとほとんど半がけであり、その場合、ペース配分ミスによってご飯が余ったり、逆にルーが余ったりという事態に見舞われやすい。

家では常に全がけにしてきたこともあり、その点では全がけなのは良かった。

 

そして心配された腸の方は、たまたまなのかわからないが、多少不安定になったものの大きく崩れることはなかった。

まあ今回はたまたま体調が良かったためにその程度で済んだだけなのかもしれないが、

次回もう一度実験をしてみて、境界線を見極め、できれば「日本風カレーなら食べられる」という自信をつけて、辛いもの克服に向けて少しずつチャレンジしていきたい。

284. 腸脛靭帯炎

初めて発症した。

O脚の人がよくなる炎症らしく、マラソン膝とも言われる症状。

膝の外側が痛くなるというのが特徴的で、腸頸靭帯という脚の付け根から膝下まで伸びている靭帯が膝に擦れて痛くなるというメカニズム。

たしかに、自分はO脚気味で、股関節も硬く、まさになりやすい体質の人であった。

 

きっかけは、某企業のランニングイベントに出てみたこと。6kmのランニングに加えて、いくつかアトラクションがあると聞いていたが、そのアトラクションに大縄跳び(+両足に4kgの重り)という過酷なものがあるとは知らなかった。

重りをつけた状態でのジャンプは初めてだった。

ついつい普段の大縄跳びと同じタイミングで飛んでしまい、思ったより食べなくて引っかかったりなど、非常に難しかった。

明らかに今まで使ってこなかった筋肉を使った感覚があった。

 

そして、その翌日は、会社の野球チームの秋大会があり、先発登板。

3イニングを無失点で抑えるという上々な内容であったが、筋肉痛がいつ発症するかという不安に耐えながらの投球であった。

まあ、老化が幸いして、投げながら痛くなることはなかったのだが…。

 

ランニングから2日後に見事に発症。右膝外側に強烈な痛みがあり、歩くのも厳しかった。

特に厳しいのは階段。

右足に体重をかけられないので、1段ずつゆっくり上り下りするしかなかった。

 

対症療法としては、とにかく動かさないことと、周辺筋肉のストレッチ。

とにかく脚の付け根やお尻まわりの筋肉のストレッチが大事ということで、今の所毎晩数種類のストレッチを欠かさず続けている。

 

もっと早く自分がO脚気味である事に気がついてちゃんと予防していればなぁ…と後悔しても遅い。

自分も怪我をしやすい年齢になったのだなということは自覚し、しっかりと予防に努めたい。

また、これからは無理なスケジューリングにならないよう、うまく調整していきたい。

 

283. モモ肉チキン南蛮@入谷キッチンバル

以前、こちらの記事で紹介したチキン南蛮のお店のモモ肉バージョン。

http://kenshinkk.hatenablog.com/entry/2017/09/17/232816

 

ムネ肉の南蛮が絶品だったので、いつかモモ肉も食べたいと思っていたが、なぜかモモ肉のチキン南蛮は夜だけの限定発売となっていて、なかなか行く機会がなかった。

なぜ夜限定なのかはよくわからない。仕込みの関係だろうか?

 

この日は筋肉痛が酷く、「たくさん肉(タンパク質)を食べて回復させなければ」という意識でいたため、

「ムネ肉&モモ肉のチキン南蛮食べ比べセット」を注文した。

f:id:kenshinkk:20171114001045j:image

頼んでみてビックリ。

なんとモモ肉は3個も付いてきた。

ムネ肉の大きさは変わらずにである。

素晴らしいボリューム。

 

モモ肉は脂が多いだけあってとにかくジューシー。肉汁好きにはたまらないと思う。

前の記事でも書いたが、南蛮酢のタレにどぶ漬けされてから出てくるので、衣はカラっとしてるわけではなく、タレを吸った状態。

よって、肉汁のジューシーさも相まって、かなりシットリしているという印象。水っぽいというわけではなく、あくまで良い意味で。

 

心配された脂量だが、揚げ物でかつ、上からマヨネーズ系をかけているため心配だったが、そこまで食べている間は気にならず、ベタベタ感も少なかった。

ただ、サッパリ感はさすがに胸肉の方が強いので、食べる順番としてはモモ肉→ムネ肉といった方が良いかもしれない。

 

翌日にお腹も崩れることもなかったので、また大量の鶏肉が食べたくなった時には食べに行こうと思う。

282. 香味豚うどん(小諸そば)

よく行くチェーンの蕎麦屋にて、

秋口から冬にかけてよくみるメニュー。

脂の多い豚ばら肉が入っているということで、これまでは敬遠していた。

脂を摂取するのが1日でこの1食だけなら大丈夫だろう、という安易な思いつきで食べてみることにした。

 

f:id:kenshinkk:20171114001753j:image

香味豚うどん460円

 

入っている具は

豚ばら

・ネギ

・柚子胡椒

と非常にシンプルなのだが、

ここまで定番メニューになっている理由としては、やはり柚子胡椒とつゆのバランスの良さに尽きる。

このうどんのつゆは、そば用のつゆとは分けているようで、薄味の関西風。

「香味」というのが何を意味しているのかは分からなかったが、

柚子胡椒の香りが爽やかでなかなか食欲をそそり、クタクタの長ネギがスープをよく吸っていて美味しい。

豚ばら肉も柚子胡椒のおかげか、臭みはほとんど感じられず、豚肉の柚子胡椒炒めを食べてるかのよう。

心配していた脂もそこそこ落ちており、しつこくは感じなかった。

この価格帯にしては肉の量も多く、たまに食べるぶんには大満足である。

 

ただ、これを食べた日は少し暑さが残る日であったのが残念。

寒い冬に食べたらもっと美味いんだろうなぁ。

281. コクうまサラダうどん(はなまるうどん)

秋にかけてまだ暑さの残る時期にオススメとしてよく挙がっている定番メニューのひとつである。

以前からサラダうどん自体はあったが、最近になって食べて久しぶりに食べてみたら、もの凄く美味しくなっていたという印象。

 

野菜不足を補えるメニューなので、体が野菜を欲しているなぁと感じたときに食べることが多い。

f:id:kenshinkk:20171114001433j:image

こちらはゴマだれバージョン。

 

f:id:kenshinkk:20171114001535j:image

こちらは生姜だれバージョン。

 

個人的には、生姜だれの方が好きである。

好みというのもあるが、ゴマが若干消化悪いので、生姜だれを頼むことが多い。

どちらのタレも基本のつゆとよく合うので、ガッツリ混ぜながら食べるのをオススメする。

 

上に乗っている具はかなり種類が豊富。

・レタス

・にんじん

・かぼちゃ

・大根

・オクラ

蒸し鶏

 

この中で、意外とアクセントになっているのが、かぼちゃの千切りである。

冷たいうどんにかぼちゃというと、一見ミスマッチのように思える組み合わせだ。

しかしながら、意外や意外、ほどよい甘みになって、生姜だれあるいはゴマだれの酸味とよく合うのである。

これは新しい発見だった。

記憶する限り、初期のサラダうどんには入っていなかったので、きっとリニューアルを重ねた結果なのだろう。

頭が下がる思いである。

 

また、野菜だけだと飽きてしまうところ、ちゃんと蒸し鶏も入っていてタンパク質要素もあるのも嬉しい。

蒸し鶏との相性だけを考えれば、ゴマだれの方に軍配があがるかもしれない。

 

ということで、そろそろ寒くなって食べなくなっていくメニューだと思われるので、ギリギリ食べれるうちに記事にしてみた。

280. 奴は四天王の中で最も金持ち

タイトルからして独特のセンスと名作感があふれ出ているスマホゲーム。

f:id:kenshinkk:20171111150504p:image

正直、スマホゲームはDQMSL以来手を出す気になれず、スマホゲームなんて…と思っていたが、

このゲームはレビューがあまりにも良すぎたので、試しにやってみようかなと軽い気持ちでダウンロードしてみたのがプレイしたキッカケである。

実際に遊んでみると、そのレビューの評価は紛れもなく正当なもので、これはそこらのスマホゲームと一味も二味も違うことがわかった。

今回、このゲームはiOS11には対応していないらしいということで、バージョンアップ前に再プレイしてみたので、

その記録と記憶を残しておこうと思い、記事を書くに至った。

まだiOS11にバージョンアップしていない人にはぜひプレイしてほしいゲームである。

なお、プレイ時間はRPGに慣れている人なら、ざっと20時間ほど。
無料でダウンロードでき、一部課金要素もあるが、課金なしでも工夫次第でちゃんとクリアすることができる難易度になっていて、物凄く程良い。

ドラクエとかFFとかマザー2とかその辺りのRPGが好きな人は絶対にハマるだろう。

 

(1)バトルシステム

ガチャによるバトルがとにかく面白い。
ガチャには上ガチャと下ガチャがあり、上ガチャで属性が決まる。

赤(火)、緑(草)、青(水)のポケモンでおなじみの三角関係と、黒(闇)、白(光)の計5色。
弱点で2倍、耐性で1/2倍なので、基本的には相手の弱点を突いていくスタイルになる。
1人が持てる技は4つ。
下ガチャでは技の威力や効果が決まる。物理攻撃と特殊攻撃があり、威力が様々で、個人攻撃や全体攻撃、ステータス変化攻撃や状態異常攻撃、回復や蘇生などもある。
4つしか選べないので、どういう技構成で行くかというのがなかなか悩みどころ。
この辺りはポケモンに近いシンプルなバトルシステムなのだが、敵が強くなるにつれてなかなか奥が深くなってくる。

キャラの基本ステータスは以下の通り(名前は隠している) 

f:id:kenshinkk:20171111151652j:image

SPというドラクエでいうMP的なものもあり、強力な技は数回までしか使えないようになっていて、ストーリー後半ではこのSP回復アイテムがカギになってきたりする。

以下にストーリー後半のおススメガチャ(下)をいくつか紹介する。

・やおちょう(物理ステータスダウン攻撃:80)

・パスワードハック(特殊ステータスダウン攻撃:80)

・プロデュース(全体ステータスアップ:20)

・きしゃかいけん(物理全体混乱攻撃:100)

・ストラッシュ(全体麻痺攻撃:80)

・チルドレン(全体HP異常回復:30)

後半の敵キャラはステータス変化系の技を使ってくることが非常に多く、手が付けられなくなる前に打ち消すことが非常に重要。

逆に先に敵の能力を下げてやれば完封できることもある。

また、特定のデバフに弱い敵も多いので、全体デバフ付与や味方の全体デバフ回復はものすごく便利。とくに、全体麻痺攻撃と全体混乱攻撃を打ち続けていればどちらかで引っかかることが多い。

メンバーや技構成は戦闘毎に自由に変えられるのがよい。

一度も負けたくないという人は別だが、

①まずは一度戦ってみる。

②相手の技構成や属性を把握する。

③敵の属性やステータスや技に従って自分のチームのメンバーや技構成を最適なものに調整する。

という3段階でたいていの敵は倒すことができる。

③で戦略を考えるのがとにかく楽しかった。

また、技ガチャは、店で買えるものもあるが、「ガチャポン」システムで入手するパターンもあり、くじ引き的な要素もある。

ガチャでどんな技を持ってくるかによっても難易度はかなり変わってくる。

ただ、リセマラ(リセットマラソン)するほどではないかなという印象。

 

(2)グラフィック、BGM

グラフィックは、アラサー世代には懐かしいドット絵。

ただ、移動はタッチスクリーンに最適化されており、タッチした位置に自動移動してくれるというシステムは素晴らしい。

街の様子は以下のようになっており、ポケモンの影響を強く受けていそう。 

f:id:kenshinkk:20171111151343p:image

そして流れるBGMも、ファミコンでおなじみの8bitサウンド風のBGMで郷愁を誘う。

シンプルながらなかなか良質なBGM達となっている。

とくに戦闘曲は素晴らしく、ボスバトル曲や裏ボス曲など名曲が多い。 

 

(3)ストーリー

短くまとめるならば、「程よい長さで王道展開が盛りだくさん」といったところ。

登場キャラ数が凄まじいのだが、各キャラクターのセリフの一言一言が面白い。

以下、ネタバレ注意。

 

上下のカプセルの組み合わせで様々な属性のエネルギーを放出できるガチャ技術が発達し、強いレアガチャを持つ課金四天王が支配する世界。

課金四天王イシジャブ、スキラゲイル、リセマーラ、レベカンテがそれぞれ街を支配している。

主人公とその兄リョウマは課金四天王の支配下にある街を救うため、まずはイシジャブを倒す。

しかしながら、 それと同時に主人公たちの故郷が燃やされ、兄のリョーマも失踪してしまう。

という、なかなかの鬱展開から始まる。

その後、寺を乗っ取った四天王の一人スキラゲイルを倒し、

バスジャック犯を改心させ、

学校を爆破させようとしたボマーを倒し、

地下鉄を占拠してアジトとしていた四天王の一人リセマーラも倒すと、

ピエースセントラルシティに着く。

この町では四天王の一人レベカンテがカリスマとして君臨し、毎日ライブを行っている模様。

しかし、調べていくと、ヒーロー「ラブアンドピース」をはじめ、様々な人々がレベカンテの手下に拉致されているなど、レベカンテの悪事が発覚する。

そして、レベカンテのマンションに向かい、対峙する。

f:id:kenshinkk:20171111151433j:image

絶望的な特殊攻撃力を誇るレベカンテだが、レベルを上げて弱点をつけばなんとかなる難易度となっている。魅了攻撃には注意が必要。

 

レベカンテを倒すと正気に戻るが、もう一人自分を倒していった者がいると告げる。

そして、下の階に行くと(以降ネタバレ注意)

 

f:id:kenshinkk:20171111151715j:image

なんと、失踪していた兄リョウマが「廃課金四天王」の一人となって登場。

まさかの兄弟対決となる。

レベカンテとは打って変わって物理系の大技「廃課金スパイラル」を使用してきて全体に大ダメージを与えてきて、普通のパーティでは壊滅状態に陥る。

圧倒的初見殺しなわけだが、相手の攻撃力を下げるか、マヒさせると意外とすんなり勝てる場合がある。

リョウマに勝つと、リョウマは正気を取り戻すが、

ギガパゴス社のプレジデント「ジオ」が現れ、会談が行われる。

どうやら、ジオはガチャを軍事力に使うことで世界を支配しようとしているらしい。

主人公たちを勧誘するが、もちろん交渉は決裂。

ということで、ラスボスの本拠地、ギガパゴスビル(ラストダンジョン)へ向かう。

ちなみに、ギガパゴス社の本社である巨大ビルで、フロアは〇階ではなく〇合目と表記する。

10合目まであり、富士山クラスの高さを誇っているらしい。

ちなみに、8合目の社員によると、入口である5合目からの所要時間は、歩いて2時間らしい。あまりに広すぎて、ぞっとする。

そういうわけで、このギガパゴス社、完全にブラック企業なわけだが、その社員ひとりひとりのセリフが非常に強烈であり、心にグサグサと刺さってくる。

ギガパゴッサ(ゲーム内最強の回復アイテム)がもう効かなくなってきたとか、

バグがとりきれなくてもう3日寝てないとか、

同じく開発をしているという立場からすると、ゾッとさせられるセリフである。

また、開発室では、下記のような真理をつくようなセリフも聞くことができ、ゲーム開発も苦労しているんだなあというのがよくわかる。

f:id:kenshinkk:20171111151735p:image

 

そんな中で、最初に戦う中ボスが、お客様サポートセンターを司っているウキョウとサキョウ。

f:id:kenshinkk:20171112105704p:plain

大半のプレイヤーがここで止まると思われる。

とにかくステータス変化形の攻撃が多いので、未対策だと気づいたらあっという間に手も足も出なくなっているという状況に陥る。

前述のステータスダウン攻撃をうまく使いながら戦わないと苦戦してしまうのは間違いない。さすが神サポートと鬼サポートというところか。

 

f:id:kenshinkk:20171111151802j:image

続いて登場するのが、開発陣のトップ3名、アマテラス、ツクヨミスサノオ

状態異常タイプ、特殊タイプ、物理タイプ、とバランスがとれており、

相手が3人の状況では手も足も出ないことが多い。

まずは誰か一人に集中攻撃して、コンビネーションを崩すのが先決である。

また、状態異常回復できるキャラを複数入れておかないと、ボインディレクターの魅了攻撃にやられてしまう。なお、このゲーム、どうやら男女は関係ないらしく、女性も魅了状態になってしまうので注意が必要。

 

f:id:kenshinkk:20171111151831j:image

そして、最上階に現れるのが、裏四天王と呼ばれるこちらの4人。

4人の名前がとにかく秀逸である。(全て有名スマホゲームのオマージュ)

まあ、名前でクスっときている間に瞬殺されてしまうほどの強さを誇っているため、

4人からの猛攻を止める手段を持っていないと数ターンで壊滅する。

攻略法としては、上述の相手をマヒや混乱にし続けるというのが有効であり、ボスキャラのためそれなりに耐性はあるものの、効くときは効くので、かけ続けていくしかない。

4人同時に攻撃されるということさえなくなれば、なんとか回復は間に合うので、ステータスダウン攻撃などもうまく駆使して一人ずつ倒していくのがセオリーではないかと思う。

なお、この4人はステータス的にものすごく強力なので、倒すことができればこのうちの3人を即刻バトルメンバーに招集するとラスボス戦が楽になる。

 

f:id:kenshinkk:20171111151858j:image

ついに辿り着いた最上階で、プレジデント「ジオ」との対決。

しかし、正直、裏四天王が強すぎたため、こちらは大したことがない。

倒すと、諸悪の根源の正体が現れ、屋上で最終決戦となる。

 

f:id:kenshinkk:20171111151918j:image

負の概念の集合体らしい。

ラスボスらしく、前半は、これまでのボスと同じ攻撃方法を操ってくるというクロノトリガーラヴォスパターン。

本気を出してからが勝負である。

全体へのステータス異常攻撃がかなり強力であり、回復手段はちゃんと持っていないと厳しい。

また、相手の属性がころころ変わるため、いろんな属性の攻撃技を用意していないと半減されてなかなかダメージが通らないということになり、戦闘が長引く。

ラスボスであるため、貴重なアイテムも投入し放題なのだが、相手のHPもなかなか高い為、レベルが低くて戦闘が長期化すると回復アイテム不足に陥るケースも出てくる。

 

そしてラスボスを倒すといよいよエンディング。

ちゃんとタイトルの意味も回収され、大団円でハッピーエンドとなる。

 

しかし、ここで終わりじゃないところがこのゲームの良いところ。

途中で出てきたタワーマンションの隠し部屋に裏ボス「オオヤさん」がいて、その強さが尋常ではない。

f:id:kenshinkk:20171112113542p:plain

その容姿とは裏腹に、非常に強力な攻撃を繰り出してくる。

1人なのに裏四天王よりも強いという時点でまさに超人である。

ちなみに2連戦で、2戦目はもっと強くなるので注意が必要であり、

ここでもステータスダウン攻撃が攻略のポイントとなっている。

 

 

ということで、

・カスタマイズ性のあるバトルシステム

・懐かしいグラフィックやサウンド

・王道のストーリー

これらを兼ね備えたRPGが無料で楽しめるという素晴らしい作品であった。

 

また、このチームが開発した他のゲームとして、

「あなたってよく見るとドブネズミみたいな顔してるわね」

「彼女は最後にそう言った」

が無料で遊べるのでiOS11にしていない人はぜひ。

これらも非常に面白かった。

ちなみにPS Vita用で「世界一長い5分間」という作品もこのチームが開発した模様。

 

ということでこのチームの次回作に期待である。

279. 牛8@新宿歌舞伎町

新宿でコスパの良い焼肉屋を探していたら見つかった。

歌舞伎町一番街を少し奥に入ったところにある。

f:id:kenshinkk:20171112125407j:image

看板にもある通り、黒毛和牛A4限定ということで、全体的に非常に肉質が非常に良い。

それでいて、満腹にほど近いくらい飲んだり食ったりして、ひとり4000円。

もにすごくリーズナブルであった。コストパフォーマンスは非常に高い。

 

まず頼んだのはこちら。

f:id:kenshinkk:20171112195759j:image

ネギタン塩

ちなみにネギは後乗せなので写っていない。

焼いても全く硬くならずに食べられたので、かなり上等なタンだったと思う。

 

f:id:kenshinkk:20171112195835j:image

続いて、切り落としミックス。

厳選肉の切り落としらしく、数量限定品であった。

よく見るとサシの入った部位も多々あり、これで1000円を切っているのはかなりお得だと思われる。

集団で行くと、どの部位にするか喧嘩になる可能性があるので要注意。

 

f:id:kenshinkk:20171112195854j:image

続いてカルビとハラミ。

カルビが美味いのはもちろんのこと、ハラミが非常に上品だったのが素晴らしい。

ここまで脂が少なくそれでいて柔らかいハラミは今までに食べたことがないかもしれない。

 

f:id:kenshinkk:20171112195912j:image

続いてが、厳選モモ(焼いた状態しか撮れていなかった)。

厳選というだけあって、程よくサシが入りつつも肉の旨味が非常に強い。

もともと脂が少ないモモ肉が好きだったので注文させてもらったが、自分たちのグループが頼んだ直後に売り切れていたのでラッキーだった。

普段は安売りのランプ肉を食べているが、たまには高いものを食べるのも良いなあとしみじみ思うのであった。

そして、肉とともにこちらを注文してみた。

f:id:kenshinkk:20171112200016j:image

肉専用の黒ワインということで初めて飲んでみだが、まあ要は色が濃い赤ワイン。

香りがものすごく強く、フルーティーで、色だけでなく味も濃い。

それでいて、渋みは全くないので、飲みやすい。

ワインを味わうだけなら物足りないかもしれないが、肉がメインで一緒に飲むためのワインとしては、たしかに最高かもしれない。

 

その後、ワインとともにロースやレバー、シマチョウなどを頂き、終了となった。

(写真は撮り忘れたが、ロースやレバーも絶品だった)

 

残念だったのは、「黒毛和牛特選肉のたたき」「とろ肉3秒あぶり」がいずれも売り切れてしまっており食べられなかったこと。

それでも、新宿で良い焼き肉屋を見つけられたのは収穫だった。

 

次回は、もう少し早い時間に行って、是非食べてみたい。