腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

764. う羊のヴィシソワーズらーめん@海老丸(水道橋):まろやかヴィシソワーズとスパイシー羊肉のマリアージュ!

久々の海老丸さん限定の紹介。

といっても、すでに提供終了しているので、

食べたい方は、おそらくまた来年あるであろう、

提供タイミングを待っていただくことになりそうである。

 

昨年、超大当たりだったヴィシソワーズらーめん

その味が忘れられず、

またあったら行きたいと狙っていた。

kenshinkk.hatenablog.com

 

すると今年は、

お盆の週に待望のヴィソワーズが提供されることが決定。

しかも、例年の和牛だけでなく、

ウニもプラスされるということで、

絶対に行かなければと思っていた。

 

だがしかし、

唯一行けそうだった日に、

前回記事のとおり、

八咫烏さんのラストライブが被ってしまうという緊急事態。

流石にラストを食べ逃すわけには行かなかったので、

八咫烏さんに行くことにした。

それが前回記事。

kenshinkk.hatenablog.com

 

ただ、海老丸さんのヴィシソワーズも食べ逃すわけにいかず、

その週の金曜日にギリギリ仕事を21時で終わらせて駆け込むことに成功。

 

残念ながら和牛ではなく羊肉に変わってしまったものの、

なんとか滑り込みで間に合ったので、

記事化していこうと思う。

 

感想をまとめると、

・相変わらず美味すぎるヴィシソワーズ

・スパイシーな仔羊ローストの神食感

・甘さと塩味が絶妙なテリヤキリゾット

となる。

 

アミューズ

f:id:kenshinkk:20220827222338j:image

まず、アミューズは、ゴボウの冷製スープ

キリッと冷えた濃厚なスープは、

ゴボウの優しい甘みオマール海老の旨味が、

これでもかと濃縮されていた。

暑い中走ってきたので、

あっという間に平らげてしまった。

 

う羊のヴィシソワーズらーめん

f:id:kenshinkk:20220827222329j:image

白いスープにドでかい羊肉ロースト、

そこに乗るコンソメジュレとウニ。

まさに圧巻のビジュアル。

 

ヴィシソワーズスープは、

ジャガイモと生クリームのバランスが心地よく、

甘すぎずドロドロすぎず、

程よく冷えていてスルスル飲めてしまう。

そこに、よく締まった細麺。

合わないはずがない。

 

たまに麺に絡んでくるビーフコンソメジュレのおかげで、

旨味がさらに増していくのも面白い。

 

そして圧巻は、羊肉ロースト。

f:id:kenshinkk:20220827222319j:image

1cmくらいの分厚い羊肉に、

特製のスパイスが振りかけられ、

しっかりと火が通されている。

このビジュアルからは、

結構歯ごたえがありそうに見えるが、

嘘のように柔らかで、

歯で簡単に噛み切れてしまう神食感

これは美味い。

これまで食べた羊肉で一番柔らかだったかもしれない。

スープのクリーミーに対し、

羊肉はスパイシィな味付けだったので、

それが最高のマリアージュとなっており、

食べる手が止まらなかった。

 

さらに今回はそこにウニの旨味も加わり、

「最高」以上の言葉が出なかった。

 

その他トッピング

f:id:kenshinkk:20220827222322j:image

途中、甘いスイカや、

辛くない万願寺唐辛子も、

良いアクセントとなっており、

あっという間にスープと麺が無くなってしまった。

 

テリヤキリゾット

f:id:kenshinkk:20220827222342j:image
f:id:kenshinkk:20220827222335j:image
f:id:kenshinkk:20220827222326j:image

サイコロ状の羊肉がゴロゴロ。

テリヤキソースチーズの塩味と、

甘くてクリーミーなスープが中和して、

絶妙な塩梅になっており、

スプーンが止まる気配がなかった。

 

個人的には、

そこに、特製のカレースパイスを投入して、

チーズラムじゃがカレーにするのが、

至高の極みだと思っている。

最後までとんでもない美味さだった。

 

 

ということで、

まろやかヴィシソワーズとスパイシー羊肉の

最高のマリアージュが楽しめる、

唯一無二のラーメンであった。

 

また来年も、ヴィシソワーズは食べに来たいと思う。