腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

749. 北海道産大アサリの冷やしボンゴレらーめん@海老丸(水道橋):特大アサリと冷製トマトスープによる極上の一杯!

ついに海老丸さんの冷やしの季節がやってきた。

 

今回の限定は、

北海道産大アサリの冷やしボンゴレらーめん

 

ちょうど暑くなってきたこともあり、

願ったり叶ったりのメニューである。

 

感想をまとめると

・蛤クラスの特大アサリが激ウマ

・冷たい貝出汁にバジルとトマトが合いまくり

・水牛モッツァレラリゾットが至高

 

ということで、

ひさびさの冷やし麺に舌鼓を打つことができた。

 

まずはアミューズ

f:id:kenshinkk:20220531003657j:image

ブロッコリースープオマールソースだったかな?たしか。

冷えてて美味しかったこともあり、

瞬く間に消えていった。

日替わりで色々楽しめるので、

毎回楽しめるのが素晴らしい。

 

北海道産大アサリの冷やしボンゴレらーめん

f:id:kenshinkk:20220531003644j:image

なんとも色鮮やかなビジュアル

普段ラーメンばかり食べているなか、

生野菜も摂取できるのは非常にありがたい。

 

f:id:kenshinkk:20220531003703j:image

トッピングは、

・北海道産大アサリ

ハモンセラーノ(生ハム)

・スモークチャーシュー

・フレッシュバジル

ルッコラ

・トレビス

といった感じだろうか。

野菜名は正確でないので悪しからず。

 

何より言及すべきは、メインの大アサリ

f:id:kenshinkk:20220531003706j:image

これがすごい。

小さめの蛤を遥かに凌駕する大きさ。

ここまで大きなアサリは食べたことない。

ただ大きいだけでなく、旨味もぎっしり。

デフォルトで3個も乗っているので大満足なのだが、

さらに増すこともできたらしく、

ここまで美味いなら増しておけばよかった。

 

また、ハモンセラーノ(生ハム)は、

なかなかラーメンの上に乗って出てこないと思うが、

こちらも上質な逸品。

ここまで旨いのは久々に食べた。

今回のようなイタリアンラーメンだからこそ合うトッピング。

 

さて、肝心のスープに触れていなかった。

f:id:kenshinkk:20220531003700j:image

ボンゴレとのことで、塩味かなと予想してたが、

色から分かる通りボンゴレロッソ

貝出汁×トマトのキリッと冷えたスープに、

バジルオイルがこれでもかとかかっており、

まさに冷製パスタの最上級を体現したような一杯

この日は気温が高かったこともあり、

すする手が全く止まらなかった。

いやー美味すぎた。

また、冷やしだからなのかわからないが、

麺がやや硬めなので、食べ応えも抜群であった。

 

水牛モッツァレラチーズのアサリリゾット

f:id:kenshinkk:20220531003648j:image
f:id:kenshinkk:20220531003654j:image
f:id:kenshinkk:20220531003651j:image

最初注文する予定は無かったのだが、

スープがあまりに美味すぎたので、慌てて注文。

トマトベースのスープなので、

リゾットが激ウマと化すのは言うまでもない。

いつもの削りたてパルメザンチーズの美味さはもちろん、

極め付けは水牛モッツァレラの破壊力である。

石鍋で熱せられてトロトロになる水牛モッツァレラチーズは、

パルメザンとはまた違った美味しさであり、

2種のチーズの違いを楽しみながら食べ進めることができた。

また、リゾットにも、勿論アサリがはいっており、

こちらは特大ではなく通常サイズの大きさだったが、

旨味は充分であったし、食べやすかった。

美味しすぎてあっという間になくなってしまった。

 

 

ということで、

久々の海老丸さんの冷やしであったが、

大アサリと冷製トマトスープによる極上の一杯であり、

感動しっぱなしのフルコースであった。

 

ここから数か月は、

海老丸さんの冷やし限定の数々を楽しめると思うと、

今から非常に楽しみである。