腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

744. 傘の下の君に告ぐ@八咫烏×麺屋彩音:極上コンソメスープとホロホロの牛頬肉の組み合わせがたまらないコラボ限定麺!

今回は、いつも紹介している八咫烏さんと、

麺屋彩音さんのコラボ限定麺を紹介する。

なお、彩音signと読むらしい。

由来は勿論ミスチルとのこと。

五反田にあるお店で、まだ行ったことが無いが、

食べログの評価も高く、いつか行ってみたいと思っていた。

 

開催場所は八咫烏さんの方で、

5/2だけの限定メニューということだったが、

その日はたまたま空いていてラッキーだった。

 

感想をまとめると、

・牛コンソメ発酵バターの組み合わせが激ウマ

・コーヒーで煮込んだの牛頬肉のホロホロ感

・新玉ねぎの甘味が牛肉と合い過ぎる

 

この日のタイトルは、

傘の下の君に告ぐ

ミスチルのアルバムBOLERO収録曲のひとつ。

ベストに入っていなかったので聞く機会は少なかったが、

改めて聞くとやはり名曲である。

なお、この日はちょうど並んでいるときに雨が降ってきて、

まさに傘を差しながら待っていたのであった。

 

そうなってくると、

店内BGMはもちろんミスチル

ランダムで色んな曲が再生される中、

麺屋彩音さんにちなんで、

運よくsignが流れたときに席に座っていた場合、

味玉or日本酒がプレゼントされる、

という粋なキャンペーンが実施されていた。

(残念ながらゲットできず)

 

まずは、食前茶から。

f:id:kenshinkk:20220503070420j:image

麺屋彩音の店長ダイゴさんの名前にちなみ、

ダイゴ茶とのことであった。

正直、言われてピンとこなかったのだが、

twitterの解説によると、大5茶ということで、

大麦と5種の素材による、麦茶だそう。

いわれてみると確かに麦茶ベースで、

単なる麦茶にはない、渋みや深みがあった気がする。

 

続いて、

ポルチーニ茸のおこわ 白アスパラガスのすりながし添え

f:id:kenshinkk:20220503070418j:image

居山さんお得意の野菜のすりながしソース。

普段食べ慣れていない野菜が、

すりながしにされると、とたんに美味しくなるが、

今回もホワイトアスパラが美味い美味い

まったくクセが全く無くて、クリーミーでコクもあって、

ポルチーニごはんとの相性も抜群であった。

 

傘の下の君に告ぐ

f:id:kenshinkk:20220503070410j:image

いやー、なんとも美しいビジュアルである。

オイルを混ぜながら一口頂くと、

牛の強烈な旨味とバターのまろやかさがやってきて、

そこにキレのある醤油の塩味と何かの酸味。

色んな味が重なり合って、とにかく美味い。

一気にスープをぐびぐび飲みたくなるほどであった。

 

解説によると、

新玉ねぎと牛骨に乾物を足した和風コンソメ

ということで、

ベースにある甘味は新玉ねぎか・・・と納得。

 

オイルは、

新玉ねぎと発酵バターに柑橘を落とし込んだオイル

とのことで、

発酵バターが美味しいのはもちろんのこと、

柑橘の仄かな酸味がちょうど良くて素晴らしかった。


カエシは、

彩音の大吾さんのスペシャル醬油ダレとのことで、

ここに彩音さん要素があったようである。

 

f:id:kenshinkk:20220503070428j:image

タリアテッレをイメージした特注平打ち麺

とのことであるが、

卵がしっかり入った黄色い麺は、

八咫烏さんでは珍しい気がする。

若干のパスタ感がありながらも、

スープの旨味に負けず、

後述するトッピングとの相性も良かった。

 

トッピング

f:id:kenshinkk:20220503070423j:image

f:id:kenshinkk:20220503070426j:image

メインはなんといっても、牛頬肉である。

これがもう、ホロホロすぎて、

箸でつかむのが大変なほど柔らかく

頬肉の濃厚で豊潤な旨味に、

出汁の旨味が染みわたっていてメチャクチャ美味い。

こちら、十勝豊西牛頬肉を和出汁とコーヒーで炊いたそうで、

とんでもなく時間がかかっているんだろうなあ。

 

その上に乗っているのは・・・

これにアンチョビ、オリーブ、ケッパーなどで作った

イタリアンのソース「ペペロナータ」とのことである。

野菜を炒めて煮て作ったソースのことをいうそうで、

これが肉に合いまくりであった。

軽くニンニクも効いていて旨味もあり、

スープや麺と一緒に食べても美味しかった。

 

その他のトッピング

f:id:kenshinkk:20220503070415j:image

新玉ねぎメンマフリッターも忘れてはいけない。

旬の新玉ねぎは驚くほど甘く、

単体でもまったく辛味が襲ってこない。

これは色んな料理に使いたくなる美味しさ。

 

さらに驚いたのは、メンマフリッター

なんすかこれ。

外側サクサクで、中はメンマの食感。

初めての感覚であったが、びっくりするほど馴染んでいた。

衣か溶けてからも味わい深くて良い。

揚げている分カロリーは上がるけれど、

たまにはフリッターも良いなと思った。

 

そして、味変でレモンを肉とスープに絞ってからいただくと、

一気に爽やかさが倍増。

レモン×バター×牛肉ということで、

美味しいに決まってるじゃないですか。

あっという間に最後の一滴まで飲み干してしまった。

 

 

ということで、

1日限りの八咫烏×麺屋彩音の限定麺であったが、

スープ・麺・トッピングすべてのクオリティが異常に高く、

牛を使ったラーメンでかなりの上位に入る美味しさであった。

 

いつもながら、

こんなにも美味しいものを作られた居山さんに感謝するとともに、

今回のコラボ相手である麺屋彩音さんにも行きたくなった。

幸いにも五反田はそう遠くないので、

近いうちに行ってみようと思う。