腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

721. 飛騨鰤のらーめん@海老丸(水道橋):極上の飛騨鰤大根と和風スープからのマヨリゾットに癒されまくる一杯!

お正月休みを挟んでからは、

1発目の海老丸さんの限定。

 

今回は、

飛騨鰤

ということで、

マサ店長さんの故郷の味とのこと。

 

その昔、富山の鰤を塩漬けにして、

飛騨まで運んで食べていたそうで、

それが郷土料理”飛騨鰤”になったそうである。

 

そんな飛騨鰤の限定らーめん、

まとめると、

・脂乗りまくりのブリ×大根が絶品

・優しい和風スープに心が癒される

・マヨリゾットが神がかり的美味しさ

ということで、

新年早々、素晴らしい一杯であった。

 

飛騨鰤のラーメン~故郷の風

f:id:kenshinkk:20220115090204j:image

とにかく、巨大サイズのブリの切り身ソテーが印象的。

塩漬けにしているということで、

程よい塩気がありつつ、

旨味、柔らかさ、脂の乗り、皮目の香ばしさ、

どれをとっても最高で、

久々に美味いブリを食べた気がする。

ここまで美味しいのはいつかの巌哲さん以来だろうか。

 

一方のスープは、超和風

ブリのアラが大量に使われているということで、

優しい旨味に、ほのかな塩気の入ったスープ。

久々に癒されるスープだなという印象。

フライドガーリックの香ばしさも程よくついていて、

ただ優しいだけではなくコクもあった。

 

トッピングには、

・大根

・小松菜

・紅芯大根

・鰹節

・味変生姜ペースト

f:id:kenshinkk:20220115090201j:image

何といっても特筆すべきは、味染みまくりの大根である。

ブリとはさすがの相性の良さで、

ひとくちかじるだけで、

ブリの旨味を吸ったスープが染み出してきて最高であった。

 

また、かかっている鰹節をスープに入れることで、

より和風感が増して、美味しさが増すのであった。

 

また、ブリの上に乗っている、

味変用の生姜ペーストが面白い。

 

↓味変生姜ペースト

f:id:kenshinkk:20220115090207j:image
生姜と何かを合わせていると思うが、

正体は分からなかった。

でも、これをスープに溶かすことで、

一気に爽やかさ増してスープが止まらなくなりそうだった。

 

そして今回のリゾットは・・・

ぶりほぐしリゾット

f:id:kenshinkk:20220115090155j:image


f:id:kenshinkk:20220115090158j:image
f:id:kenshinkk:20220115090217j:image

ほぐし身のブリマヨネーズが大量に乗ったリゾットである。

最初、ブリとマヨネーズ…合わないのでは?

と思ってしまったが、

すみません、めちゃくちゃ美味しかったです、これ。

なんというか、ツナマヨみたいな感覚で、

魚介系とマヨネーズとチーズって合うんだなーと、

改めて実感した。

スープにカツオが入っているからか、

スープを入れれば入れるほど美味しくなるし、

久々に大当たりのリゾットでした。

 

ということで、

疲れた胃と心に沁みる最高の鰤ラーメンと、

最高の〆リゾットであった。

 

今年早くも2回目の登場の海老丸さんだが、

今年もまた沢山通ってしまいそうである。