腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

702. クリガニの甲羅焼き和えそば+ウニ丼@稲荷屋(稲荷町):ラーメンに甲羅焼きという斬新すぎる発想力に脱帽の一杯!

注:2021年1月の限定メニューです。

 

冒頭から、まさかの注意事項であるが、

今回から

凄く美味しかったのに記事化できていなかったシリーズ

をお送りしていこうと思う。

 

シリーズといっても、

記事間に他のジャンルの記事が割り込む可能性もあり、

以前のように連続投稿ではないことにして、

ゆるく続けていきたいと思う。

 

初回は、稲荷屋さんの2021年1月の限定メニュー。

クリガニの甲羅焼き和えそば

 

先に結論を書くと

・クリガニと細麺の相性が最高

・ハーブと酢橘の味変が爽やか

・衝撃のコスパ

である。

 

クリガニの甲羅焼き和えそば

f:id:kenshinkk:20210123215758j:image

甲羅焼き

f:id:kenshinkk:20210123215745j:image

f:id:kenshinkk:20210123215804j:image

乗せると・・・

f:id:kenshinkk:20210123215812j:image

和えると・・・f:id:kenshinkk:20210123215751j:image

ということで、写真で見て頂いた通り、

ビジュアルの贅沢さがえげつない限定麺である。

見ただけでわからない点としては、

デフォルトでも麺が蟹の旨味を纏っているということ。

 

カニ味の細麺和えそばが、単独でも美味しいのに、

そこに、甲羅焼クリガニの身を乗せていくと、

蟹の旨味がさらに増強されるのである。

また、甲羅焼なので、カニミソの旨味もしっかり入っており、

どんどん味が変わっていくのも面白い。

お酒が飲める時期であったならば、

甲羅酒したいところであった・・・。

 

また、ネギ木の芽などのハーブ類も、

味変要素として良い仕事をしており、

とどめのスダチで終盤まで飽きることが無い。

 

そして、同時に注文したサブメニューも秀逸であった。

 

ウニ丼

f:id:kenshinkk:20210123215740j:image

ラーメン屋でまさかウニ丼を食べる日が来るとは。

しかもこの量である。

相当良いウニを使っていたようで、

余計な塩気も雑味も全く感じず、旨味のみであった。

いやー、夢中で掻き込んでしまったなぁ。

 

大量のカニ(甲羅焼なので、ひとり1杯分?)に、

大量のウニという超豪華な組み合わせ。

それが、なんと2400円という衝撃のコスパ

そりゃ行列になるわけである。

 

ということで、

稲荷屋さんで不定期に登場する蟹のまぜそば

念願の初実食だったわけであるが、

蟹好きにはたまらない斬新な一杯であった。

 

おそらく、年明け~クリガニの旬の春先あたりに、

再登場するのではないかと予想されるので、

蟹が好きな方は、ぜひ狙ってみてはいかがだろうか。