腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

638. 濃厚牡蠣つけ麺@中華そばビリケン(浅草):濃厚過ぎる牡蠣エキスの塊を平打ち麺に絡めまくりながら食す!

浅草ビリケンさんの限定。

実は前にアップしたエビミソパイタン(※)よりも昔の限定。

 

※エビミソパイタンの記事

kenshinkk.hatenablog.com

 

よって、今回紹介する濃厚牡蠣つけ麺も、

既に終了している限定メニューなのだが、

とんでもないクオリティだったので、

いつの日か、リバイバルする日を楽しみに待っている限定のひとつである。

 

ということでさっそく紹介に入る。

 

濃厚牡蠣つけ麺

f:id:kenshinkk:20210315224645j:image

 

麺+トッピング

f:id:kenshinkk:20210315224610j:image

まず、目を引くのがオリジナル自家製麺の平打ち麺

ピロピロ系とも言われる幅広くて薄い平打ち麺であり、

これが後述する牡蠣スープにこれでもかとよく絡むのである。

 

麺の上には

・豚バラチャーシュー2枚

・大葉

・山芋

・オレンジ

というなかなかトリッキーなトッピング。

 

まず、豚バラチャーシューのクオリティが非常に高い。

若干薄めにスライスされている豚バラなのだが、

箸でつかむのが困難なくらいのホロホロ具合

冷えているのが残念だが、冷えていてもこのホロホロ加減は凄いと思う。

ぜひ作り方が知りたいところである。

 

そして、大葉と山芋というサッパリコンビに、

オレンジという異色な組み合わせ。

大葉と山芋はこの二つだけならば、相性良いが、

つけ麺の具としては正直聞いたことが無かった。

でも、濃厚過ぎるほどの牡蠣スープに合わせてみると、

この山芋のサッパリ感がよく合うのである。

 

そして、こちらも牡蠣との相性が想像つかないオレンジ、

こちらも、食べてみないとわからないもので、

非常に良い口直しになった。

 

スープ

f:id:kenshinkk:20210315224603j:image

見た目からもわかるぐらいの濃厚な牡蠣

若干緑がかっているレベルであり相当な濃厚度合いである。

動物不使用とのことで、アサリもブレンドしているとのこと。

広島産の牡蠣の旨味がぎゅぎゅっと凝縮されており、

ひとすすりする度に牡蠣をひとつ食べているかのよう

いったいこのスープに何個分の牡蠣が溶け出しているのだろうか。

そう考えると、コスパは相当に優秀だと思われる。

 

スープの中には味玉、メンマ、玉ねぎが入っており、

メンマと玉ねぎは平打ち麺にもよく絡んできてくれて、

すする度にシャキシャキした食感が混ざってきて非常に良い。

 

ただ、この平打ち麺の構造が優秀過ぎるのか、

それともスープがただ濃すぎるのか、

あっという間にスープがなくなってしまうことには注意が必要だった。

 

スープ割
f:id:kenshinkk:20210315224558j:image

嫌な予感はあたるもので、

スープ割時にはほとんどスープを使い切ってしまっていた

絡み過ぎも困ったものである。

ただ、それくらいこのスープが濃かったことが伝わる写真になったので、

それはそれでよかったと思うしかない。  

 

ということで、

超絶品の濃厚牡蠣つけ麺であった。

限定としての提供はすでに終わってしまっているが、

いつかまた提供されたときには必ず食べに行きたいと思うほどの、

秀逸な限定麺であった。

 

牡蠣なので次は冬場かなーと予想しているが、

楽しみに待ちたいと思う。