腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

614. 牡蠣の塩ラーメン@海老丸(水道橋):明日まで!濃厚過ぎる牡蠣スープの旨味をこころゆくまで楽しめる一杯!

お久しぶりの海老丸さん。

今回食べた限定がとんでもなく美味しく、

それが明日3/10までということなので、

急いで記事化しなければと思って筆を執っている。

 

タイトルはシンプルに、

牡蠣の塩ラーメン

ということなのだが、

600個の牡蠣から出汁を取るという、

コンセプトからすでにぶっ飛んだ一杯。

 

 

美味しいのは確定なので、

この日は朝ご飯を抜いて、

お昼にリゾットまで食べる気満々で並んだのであった。

 

牡蠣の塩ラーメン

f:id:kenshinkk:20210307135249j:image
f:id:kenshinkk:20210307135256j:image

注目していただきたいのは、やはり濃厚なスープである。

塩味なのにスープが透き通っていないことから、

見るからに濃厚そうな印象。

おそるおそる一口飲んでみると、

予想をはるかに超える高濃度の牡蠣ジュースが、

これでもかと言わんばかりに主張してくる。

これだけ濃厚だと、ひとくせふたくせありそうなものだが、

そんなことは全く持って無く、

旨味だけが綺麗に抽出されているのである。

これはめちゃくちゃうまい。

牡蠣×塩清湯系はいくつか食べてきたが、

これだけ濃いのは初めてかもしれない。

 

合わせる麺は、やや細めのストレート麺

海老丸さんにしては珍しいストレート系のように思うが、

スープにはよく合っていた。

そして心なしか量が多かったようにも思う。

(気のせいかもしれない)

 

トッピングには、

程良い煮加減の大ぶりな牡蠣が2個

これがまさに旨味の塊という感じで馬鹿みたいに美味い。

夜だったなら、牡蠣増しにしたうえで、

白ワインのデキャンタだったなー。

 

肉は、今回はチャーシューではなくベーコン

自家製なのか、非常にジューシーで、

塩気もほどほどに抑えられていて美味しかった。

 

そして極めつけは、ブラッドオレンジである。

甘酸っぱさがちょうどよくて、味変にはもってこい。

 

牡蠣にオレンジを組み合わせるだなんて、

どうやったら思いつくのであろうか。 

 

そんなことを考えながら食べているうちに、

あっという間にリゾットのお時間である。

 

〆の牡蠣リゾット
f:id:kenshinkk:20210307135301j:image
f:id:kenshinkk:20210307135252j:image
f:id:kenshinkk:20210307135305j:image

いつもながら、〆リゾットは格別である。

今回は特にスープが濃厚だったので、

パルメザンチーズの味にも全然負けておらず、

牡蠣×チーズのがっぷりよつの状態が楽しめる。

限定リゾットだけあって、500円とやや高額だが、

今回はリゾットにしなかったら確実に損する回である。

 

ということで、

超贅沢な濃厚牡蠣スープがたまらなすぎる一杯であった。

 

冒頭にも書いたが、

こちらの限定は明日3/10までらしいので、

牡蠣好きの方はぜひ!