腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

589. アニョーのヴェール ソースマスタード@稲荷屋(稲荷町):スパイシーでボリューミーな仔羊肉にワインとマスタードの効いたソースのハーモニー!

久々の稲荷屋さん限定。

前回訪問時(※)がカニの冷やしだったので、

およそ3か月ぶりだろうか。

※前回訪問時

kenshinkk.hatenablog.com

 

限定ラーメンが不定期になってから、

なかなか行けていなかったのだが、

秋から冬にかけては肉系の限定が増えてきたので、

近いうちに行きたいなと思っていた。

 

久々に定時退社できた日を利用して、

早めの時間に行ってみたところ、

店長さんこそいなかったものの、

限定にはありつくことができた。

 

いざ注文してみると、

店員さんに「時間かかりますよー」と言われたのだが、

実際そんなに待つことなく、

10分ちょいくらいで、早くも着丼。

それがこちらである。

 

アニョーのヴェール ソースマスタード

f:id:kenshinkk:20201113221332j:image

いつものごとく、正体がよくわからないけどすごく美味しそう。

スープはもちろん濃厚そうで興味深いが、

それよりも目に入ってくるのは「春巻きのようなもの」

これがヴェールなのだろうか?

ググってみても、料理名っぽいのは出てこず、

結局のところ正解がわからなかった。

今度店長さんに会えたら聞いてみようと思う。

 

まあ名前は置いといて、さっそく実食。

まずスープは、

その名の通りマスタードがかなり効いているのだが、

仔羊の出汁ワインがしっかりベースとなっていて、

これだけで飲んでもめちゃくちゃうまい。

そして、平打ち麺との相性も抜群

 

アニョーといえば、

海老丸さんで一度食べたことがあるが、

kenshinkk.hatenablog.com

 このときは、コンソメだったのに対して、

今回はビスク系でより濃厚だった印象。

ワインが多めに入っていることもあり、

ラーメンよりもだいぶフレンチ寄りの一杯であった。

 

そしてメインの「春巻きのようなもの」であるが、

こちら、パートブリックと呼ばれるものである。

 

小麦粉と植物油から作ったクレープ上の皮であり、

チュニジア料理から由来したものであるらしい。

フランス料理では一般的に使われるものであるとのこと。

そのパートブリックの皮に包まれていたのが、

こちらである↓

f:id:kenshinkk:20201113221348j:image

食べてびっくり、ゴロゴロとした仔羊肉の塊が入っていて、

これがとにかくうますぎるのである。

肉の塊は1cm立方くらいの大きさであり、

噛めば噛むほど肉汁と旨味が飛び出してくる。

それでいて、その大きさなので、食べづらさは一切なし。

スパイスやハーブがしっかり効いているけど、

しつこさやクセは全く無い感じ。

単体で食べても勿論おいしいのだが、

マスタードソースをたっぷりつけて食べるともう最高である。

 

その横に添えられていたのは

ラタトゥイユを白菜で巻いたものであり、

かなりサッパリ系。

こちらもソースとの相性抜群で、

白菜に美味しいスープを吸わせたら間違いない。

 

ということで、

見た目こそ上品な感じだが、

肉塊がゴロゴロ入った春巻きが2本も食べ切ると、

しっかりボリューミーで食べ応え抜群であった。

 

やはり、稲荷屋さんのフレンチ限定(特に肉系)は、

クオリティの高さが尋常ではなかった。

これからも不定期ではあるが、

ちょくちょく食べに来たいなあと思った次第である。