腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

561. 特製しおグリーン麺@麺屋六感堂(池袋):衝撃のグリーン麺は毎日食べたら健康になれそうなほど優しさに満ち溢れた一杯!

前回の限定アワビヌードル※に引き続き、

池袋の六感堂さんの記事を書いていくこととする。

 

※前回記事

kenshinkk.hatenablog.com

 

 

実をいうと、

今回の記事の方が時系列的には少し前。

上記のアワビ限定のひと月ほど前に、実は訪れていた。

さすがに初回はレギュラーメニューを食べなければということで、

限定のない平日の夜に訪問。

 

基本メニューは、

・しおラーメン

・醤油ラーメン

・山椒ブラック

・つけ麺

・和えそば

というラインナップ。

 

麺は2種類あり、

普通の麺グリーン麺

グリーン麺は、ユーグレナを練り込んだ麺であり、

いずれもこの店の中の製麺所で作られた、打ち立ての麺である。

 

なお、ユーグレナとは、食用のミドリムシのこと。

ビタミン、ミネラル、アミノ酸などの栄養素が豊富に含まれるだけでなく、

美容にも効果があるという。

それを練り込んだ麺を食べれば確かに健康になれそうだが、

ラーメンの味にどう影響するのか、非常に気になるところ。

 

非常に迷いどころだったのが、

口コミから最も人気なメニューと推測された、

しおグリーン麺

を特製でいただくことにした。

 

特製しおグリーン麺

f:id:kenshinkk:20200909222540j:image

麺ズーム

f:id:kenshinkk:20200909222544j:image

ごらんのとおり、鮮やかすぎる緑色の麺である。

実際に食べてみると、

心配していた味の変化はほとんど感じられず、苦みも無し。

それどころか、打ち立てであることによる歯ごたえの良さや、

表面のつるつる感喉越しの良さなど、

純粋にものすごく美味しい麺であり、

スープとの相性も抜群の麺であった。

 

そのスープは、塩ベースではあるのだが、

魚介中心のとにかく優しいスープ

身体に染み渡るとはまさにこのこと。

油感はほとんどなく、サラサラしたスープなのに、

昆布やカツオや貝類などの様々な旨味が溶け出していて、

非常に飲みごたえのあるスープとなっている。

 

日によって配合を変えているらしく、

この日は飲んでみた感じでは貝類が強めの出汁だった気がする。

 

トッピングは、

・豚ロースチャーシュー×2

・鶏むねチャーシュー

・ワンタン

・タマネギ

・メンマ

・味玉

 

2種のチャーシューは、いずれも低温調理系

低温のオイルでじっくりと漬け込まれているそうで、

しっとりと柔らかく、非常に上品なチャーシュー。

いずれもそれなりに味がついているが、

スープに合わせて上品な味付けとなっており、

凄く美味しかった。

 

ワンタン海老すり身が中心と思われるが、

こちらも肉感や油感を感じさせないヘルシーな逸品。

でも不思議と食べ応えはあって、満足感は高かった。

 

味玉は色がついているタイプではなくて、珍しい白色。

ほんのり塩気がついていて、スープとよく合う。

 

ということで、

まさに、体に染み渡る一杯であった。

たとえ胃がもたれていたとしても食べられそうなくらい優しい味。

これは常連さんが続出するのもわかる。

 

ユーグレナ配合のグリーン麺の効果もあり、

毎日食べたら本当に健康になれてしまうのではないか

と思わせられるようなラーメンであった。

 

多分明日にはまた食べたくなっているのだろう。 

土日の限定も楽しみだが、

他のレギュラーメニューも非常に楽しみである。