腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

550. ココロインサイド攻略:初回クリアまで(ネタバレなし)

以前、無課金でも心行くまで楽しめるスマホRPG

奴は四天王の中で最も金持ち

のレビュー※を書いてみたところ、

普段書いているラーメンの記事よりも、

かなりアクセス数が多くなるほどの人気記事となってしまった。

 

※奴は四天王の中で最も金持ち :初回クリアまで

kenshinkk.hatenablog.com

※奴は四天王の中で最も金持ち:追加エリア攻略 

kenshinkk.hatenablog.com

 

ということで、

今回はその「四天王」を開発したことでおなじみのSYUPRO-DXさんが、

8/13に新作

ココロインサイド

をリリースされたので、さっそく遊んでみた。

 

さきほど、ひとまずスタッフロールが表示されるところまでクリアしたので

とりあえずレビューをしてみようと思う。

 

↓DLはこちらから 

https://apps.apple.com/jp/app/id1516089446

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.syuprodx.cocoro&hl=ja 

 

まずは、ネタバレなしで、書けるところから。

 

f:id:kenshinkk:20200814004244j:image

 

・ゲーム概要

ひとことでいうならば

バトル&ガチャ要素のあるサウンドノベル

といったところだろうか。

同じSYUPROさんのアプリの中では、

「四天王」よりもバトル要素は控えめ。

「四天王」はポケモン寄りのコマンドバトルだったが、

こちらは不思議のダンジョンゼルダの伝説神々のトライフォース)」

近い感じといえばわかりやすいだろうか。

コマンドをゆっくり選ぶというよりは、多少反射神経も要求される、

アクティブタイム制のあるスピーディーなバトルである。

 

また、人の心の中に入っていくというストーリーや、

お供としてネコが登場するという部分は、

若干ペルソナ5に似ているなーという印象を感じた。

(なお、ペルソナ5は未プレイ、アニメのみ視聴である)

f:id:kenshinkk:20200814004524p:image

 

また、「四天王」で重要だったキーアイテム「ドラゴンたからいし」

に代わる要素が、今回は「ネコ缶」となっているので、

これから遊ばれる方は、ネコ缶を無駄遣いしないように注意して頂きたい。

※別途、ゴールドは存在するが、終盤は結構余る。

 

なお、初回クリアまでのプレイ時間は、ざっと6-7時間程度だった。

(これが早いか遅いかはわからないが、割と運は良かった方だと思う)

 

・バトルシステム

上記概要にて「不思議のダンジョンと似ている」と書いたが、

それに加えて、ゴルフゲームのように、

動くゲージに合わせてタイミング合わせてボタンを押すという要素が非常に重要。

なので、単純なコマンド式バトルRPGが好きという方にはお勧めできない。

ただ、不思議なダンジョン系初心者の自分でもクリアできたので、

そんなに難易度は高くないと思われる。

f:id:kenshinkk:20200814004429p:image

 

バトルメンバーは、基本的には主人公のみ

そこにストーリーが進むにつれて、数人サポートで加入する形だが、

主人公のHPがなくなればゲームオーバーなので、

基本的には、主人公だけを強くしていくスタイル。

仲間はあくまでサポートスキルのみの参加という形である。

なお、主人公のスキルは、主人公の服装(コスチューム)によって変わる。

回復技を使えるコスチューム、2連撃、3連撃などを使えるコスチュームなどがあり、

これが、今作のガチャ要素となる。

もちろんレア度が高いほど強く

レア度が低いコスチュームでクリアしようとするとなかなか厳しい戦いが続く。

ただ、課金しないとクリアできないほどではないので、

そこのところの難易度調整はさすがSYUPROさんと言わざるを得ない。

 

また、ガチャの種類として、

・通常ガチャ(ネコ缶5個消費)

・ボーナスガチャ(ボス討伐時のみ、ネコ缶3個消費)

・防御特化ガチャ(ネコ缶15個消費)

・攻撃特化ガチャ(ネコ缶15個消費)

・防御超特化ガチャ(ネコ缶30個消費)

・攻撃超特化ガチャ(ネコ缶30個消費)

・メンズ特化ガチャ(ネコ缶10個消費)

・レディース特化ガチャ(ネコ缶10個消費)

などがあり、

それらの使い分けが重要となってくる。

個人的おすすめは攻撃特化ガチャ

 

最初からすべてのガチャがあるわけではなく、

特定のクエストをクリアすると追加される要素なので、

序盤はネコ缶を温存しておき、

〇〇特化が解禁されたらそれにぶっこむのが良いのではないだろうか。

(あくまで早くクリアしたい人向け)

 

このゲーム、何より攻撃力が大事であり、

回復特化にした場合、打たれ強くはなるのだが、

HP回復してくるボスに対して太刀打ちできなくなってしまう。

それよりは、やられるまえにやってしまえ作戦で、

強力な攻撃技を連発して先制逃げ切りを図るのが強い。

ただ、それだけでは厳しいので、HPや防御面を鍛えたり、

相手が必殺技を放ってきたときに無効化するスキルを放つなど、

多少の工夫は必要となってくる。

 

なお、自分は★5の攻撃キャラ(3連撃持ち)が入ってから、

一気にサクサク進むようになったので、やはり攻撃特化がおすすめである。

(もっと良い方法はあるかもしれない)

 

f:id:kenshinkk:20200814004335p:image

 

・グラフィック/BGM

SYUPRO-DXさんおなじみの懐かしいサウンドとグラフィックは今回も健在。

 

↓マップ

f:id:kenshinkk:20200814004528p:image

 

↓ダンジョン内

f:id:kenshinkk:20200814004519p:image


MOTHER2や初期ポケモンっぽい20代後半以上のゲーマーの琴線に触れる、

古き良き時代のそれとなっている。

正直、無課金でこの世界に没入できるだけでも、ダウンロードする価値あると思う。

BGMもSYUPROさんの過去作に匹敵する名曲揃いで、

ゲーム終盤にサウンドトラックもゴールドで購入できるようになるので、

これから聞こうかなと思う。

 

・ストーリー

ざっくり書くと、

~~~~~~~~~~

小学生の頃まで住んでいた街に久しぶりに戻ってきた主人公が、

幼なじみと再会し、『心の中に入れるアプリ』を入手。

人の心に住む『マモノ』を退治しながら事件を解決していく。

~~~~~~~~~~

というお話。

 

↓初クエス

f:id:kenshinkk:20200814004536p:image

 

概要に書いた通り、ペルソナ5に若干似ているのであるが、

最後まで進めると完全に違う着地の仕方をしているし、

SYUPROさんお得意の泣かせるストーリー展開も待っているので、

素直に最後まで楽しめる作りとなっている。

 

ネタバレなしで書けるのはここまで。

ここから先はゲームをプレイしてから楽しんで頂きたい。

 

なお、自分もまだ、スタッフロール後のストーリーは進められておらず、

完全クリア後にさらに先の話がありそうな雰囲気も漂っているので、

ひとまずは完全クリア目指して頑張りたいと思う。

 

ちなみに、ストーリーに影響しない範囲のネタバレとして、

途中で仲間になる金髪の少年(※下記画像参照)の名前の元ネタが、

高校野球の某強豪校の名前そのままだったのがツボだった。

また、SYUPROさんの他のアプリをやっていると、

ニヤッとできる場面がたびたび訪れるという、

ファンにはたまらない演出もあったのが最高であった。

「最〇の女勇者」とか「銭湯内のポスター」とか。

まだまだ他にもありそうなので楽しみである。

 

高校野球ファンならピンとくるであろう名前

f:id:kenshinkk:20200814004531p:image

 

 

ということで、今回はここまで。

新要素がわかり次第、追記していく予定である。