腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

526. ジュ・ド・アニョのらーめん@海老丸(神保町):子羊感満載の絶品スープにジューシーすぎるスペアリブが付く超豪華な一杯!

※本記事の内容は外出自粛要請が出る前に訪れた際のものです。

 

前回に引き続き海老丸さんの限定。

やっと3月末の限定である。

このころはまだギリギリ外出自粛期間に入る前であった。

 

さて、タイトルはフランス語。

ジュ=スープ

ド=の

アニョ=子羊

ということで、子羊(ラム)のラーメンということである。

 

子羊×ラーメンと言えば、

春日メンショートーキョーが有名。

kenshinkk.hatenablog.com

ラム煮干しを組み合わせた超濃厚スープラーメンつけ麺は、

まさに一度ハマったら癖になる味で、

カルダモンの甘酢ほうじ茶パウダーなど、

多彩な味変を楽しむこともできる、超人気店である。

 

ラムがそんなに得意でない友人を連れて行ったことがあるが、

その友人でさえ美味しいと感じてしまうほどの激ウマスープであった。

 

そんな中、海老丸さんは子羊だけのスープということで、

純粋な子羊だけの味を楽しめるのかと思うと、

楽しみ過ぎてあやうくスペアリブましましにするところだった。

(結果、衝動に任せてマシマシにすればよかった)

 

ジュ・ド・アニョのらーめん

f:id:kenshinkk:20200328200918j:image

まずはスープの透明感に衝撃を受けた。

メンショーさんは白濁タイプだったし、

海老丸さんの元祖海老丸ラーメンビスクタイプなので、

完全に濁っている濃厚系を予想していたのだが、

まさかのコンソメ

しかも、これだけ茶色くて、醤油不使用らしい・・・。

醤油なしでこの濃さを出すっていったいどれほど煮込んだのだろうか。

 

一口飲んでみると、子羊の旨味だけを凝縮させたような、

羊の脂の程よい甘さが特徴的な超絶激ウマスープとなっていた。

メンショーさんとはまた違った美味しさ。

でも、さすがに今回のスープは混じりっけなしの本物という感じ。

 

麺もコンソメ系に合わせたのか細目のストレート麺。

もちろん美味い。

 

そして、注目すべきはトッピングである。

・スペアリブ

フィンガーライム

・紫タマネギ

・ネギ

・レタス

バケットwithバジルクリームソース

 

何よりもまずはスペアリブである。

↓スペアリブ拡大

f:id:kenshinkk:20200328200924j:image

骨付きなので、豪快にかぶりつくわけだが、

ジューシーさと香ばしさを兼ね備えた仔牛肉はもうたまりません。

臭みが全くないし、肉の旨味が凄まじい。

これを肴にお酒を飲みたい。

普通にバルとかで頼んだら高いんだろうなーと思う。

いやー、ほんとマシマシにすればよかったと激しく後悔。

 

極めつけはバケット上に乗っているバジルクリームソース

これによる味変カンフージェネレーションにより、

スープの味が遥か彼方の領域にリライトされるわけである。

(元ネタがわからない方は「大蛇丸 料理」で検索)

 

また、口直しとして、

フィンガーライムという見たこともないフルーツが乗っている。

見た目で一瞬、明太子かな?と思ってしまった笑

でもこれはれっきとした柑橘系のフルーツであり、

食べると確かに甘酸っぱい味と香りがするのである。

最大の特徴はプチプチとはじけるその食感

食べると確かに甘酸っぱい味と香りがするのである。

酸っぱさも丁度良いので、良いアクセントになっているのは間違いない
 
 

〆のリゾット

f:id:kenshinkk:20200328200915j:image
f:id:kenshinkk:20200328200927j:image
f:id:kenshinkk:20200328200921j:image

いつもながら、YOY(やだー、おいしそー、やだー)by大蛇丸

である。

こちらでも味変カンフージェネレーションできるように、

バジルクリームソースを残しておいてリゾットにONしているのを、

おわかりいただけるだろうか。

上に乗る肉は、ラムではなくて豚のトマト煮らしいのだが、

言わずもがな、絶品である。

スープが美味しいので、スープを段階的に増やしていって、

シャバシャバ気味にして食べるのも美味しかった。

普段はシャバシャバしたリゾットは好きではないが、

ラーメン後のリゾットに関しては全く別である。

やはり極上スープを使ったリゾットは美味い。

 

ということで、

今回は純粋な子羊の旨味が堪能できる超豪華な一杯であった。

2回連続してとんでもないクオリティの限定麺であった。

こちらもいつかまたリバイバルしてほしい一杯である。 

さて、そろそろ限定麺ばかり紹介している気がするので、

次回あたりはオーソドックス系のお店を紹介しようと思う。