腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

507. 味噌バターコーンラーメン@二階堂(九段下):炒め野菜の旨味がしっかり溶けだしたアッサリ系味噌ラーメン!バターとコーンはマストです!

前回に引き続きとなる二階堂さん。

今回は味噌ラーメン

冬季限定という張り紙があったので、順番を繰り上げて記事を出させていただいた。

まだ寒い日もあるので、3月中は提供されるのではないかと思われる。

 

※前回記事

kenshinkk.hatenablog.com

 

味噌ラーメンということで、

追加トッピング相当迷った挙句、

特製はやめて、バターコーン(150円)を注文。

果たして、この選択は吉と出るか凶と出るか・・・

 

 

味噌ラーメン(バターコーン付き)

f:id:kenshinkk:20200117010045j:image

やばい、これ絶対うまいやつ。

丼になみなみまで注がれたスープを見た瞬間、確信した。

バターをスープに溶かす前に、まずはスープを一口。

見た目以上に上品で美味しい。

近年では稀に見るアッサリ系の味噌スープであり、

炒め野菜の旨味が凄く良く出ているスープだなと感じた。

タンメンの時も書いたが、昔懐かしい感じ。

失礼になってしまうかもしれないが、

サッポロ一番の上位互換と表現するのが、一番しっくりくるかも。

勿論麺は、全然違うが、スープの系統は非常に似ている。

そこに、炒め野菜の旨味やトッピングの生姜の辛味が溶け込んで、

完成度がとんでもないことになっている。

そして、そこに加わるのが、バターコーンである。

鬼に金棒とはまさにこのこと。

また、もやし、キャベツ、バラチャーシュー、メンマ、ネギが、

それぞれいい仕事をしており、全体が底上げされているのである。

 

なお、辛いもの好きな人は辛味噌トッピングがあり、

食べログ見る限りは好評なので、

辛い物が好きな人は、ぜひ挑戦してみていただきたい。

 

ということで、

最近ではあまり見ない、アッサリ系味噌ラーメンであった。

濃厚系の味噌が流行っているので、希少価値は高いかもしれない。

なお、別の日に伺ったら、味噌ラーメンが食券販売機の一番上に来ていた。

これはレギュラーメニュー化するということなのだろうか?

もしそうであれば、うれしいことこの上ないが、

今度行く機会があったら聞いてみようと思う。