腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

367. 特製のどぐろそば@はやし田(新宿三丁目):幻の高級魚ラーメン!なぜこの価格で提供できているのだろうか?

新宿三丁目駅から徒歩1分以内にあるラーメン屋。

実をいうとこの日は別のラーメン屋を食べに中野方面まで行こうとしていたのだが、店の前まで行って臨時休業であること知るアクシデント。

その帰り道の新宿近辺でまだ食べていない店を探した結果がこの「はやし田」さんであった。

といっても、この「はやし田」さんも都内百名店に入るお店で、普段は行列になっているという。

この日はまだ11時台であったのでほぼ並ばずに入ることができ、非常にラッキーであった。

メニューとしては、

・醤油ラーメン

・つけ麺

・のどぐろそば(限定) 

とあったので、「限定」という響きに弱い私は迷うことなく「のどぐろそば」を選択した。

 

特製のどぐろそば

f:id:kenshinkk:20181015121211j:image

 

まず気になるのは、高級魚のどぐろの出汁。

のどぐろの正式名称は「アカムツ」なのだが、いつしか「のどぐろ」という名前になって「白身魚のトロ」と言われるくらい高級魚として有名になっていた。

刺身や煮付けなどが美味しいが、ラーメンの出汁としては初めて。

一口すすると、煮干し系にカテゴライズされる魚介の強烈な旨味。

煮干しのような苦みやえぐみといったものは一切ない。

独特の風味があるので、魚が苦手な人にはおススメしないが、自分はそこまで気にならなかった。

食べた瞬間の美味さはとにかくすさまじいのだが、後半やや塩気が強めに感じられるかもしれない。

 

麺はストレート細麺。

のど越し滑らかで、コシがありしなやかな歯切れの良い「パツッ」とした食感。

煮干し系に近いスープなので、ストレート細麺がよく合う。

 

チャーシューは、豚肩ロースで5枚もついている。

低温加熱で調理されているレアチャーシューで、薄いピンク色でやわらかくしっとりしている。

肉質はとにかくジューシーで、それなりの厚さもあるのに非常にやわらかい。

また脂肪もほどよくついていて、甘さもある。

これが5枚もつくのはうれしい限り。

 

メンマは、やや太めのものを使用。

しっかり味がついていて、やや硬め。

醤油ラーメンには柔らかい穂先メンマを使用しているとのこと。

 

ネギは、九条ネギと玉ねぎの2種類。

香りのある九条ネギも良いが、やはり煮干し系には玉ねぎがよく合う。

Wネギが入っている店はなかなかないので非常に嬉しい。

 

味玉は「マキシマムこい卵」と名付けられたブランド卵を使用。

アマダ東京という会社が作っている業務用卵であり、その特徴は「黄身の濃さ」

独自に配合した飼料によって、黄身を濃くした卵だという。

そもそものサイズも大きいのだが、たしかに黄身が大きくて味が濃く、非常に食べごたえがあったように感じた。

この卵なら、ぜひ入れたいなと思わせる味玉は久しぶりに食べたので、少し感動した。

 

上に乗っている黒いものは、焼津のカネ久商店の「黒なると」で、

黒いのは黒ゴマと竹炭によるものらしい。

珍しいが、味はふつうのものとあまり変わらなかった。

 

ということで、

高級魚「のどぐろ」の美味しさを存分に味わえるラーメンであった。

ここまでこだわっているラーメン屋なら普通の醤油ラーメン(鶏ベース)も絶対うまいはずなので、近いうちにまた訪問したいと思う。