腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

248. アドリブ

退職される先輩のお別れ会に参加してきた。

完全に油断していた。

遅れて行った自分も悪いが、乾杯で一言求められて、完全に滑ってしまった。

 

というか、真面目すぎて長いと言われて、スパッと切られて乾杯となった。

もはや切ってくれた同期に感謝したい。

 

急に言葉を求められた時はいつもそう。

もうしどろもどろになってしまう。

悔しい。

アドリブが全く効かない。

頭が回っていないのだ。

 

普段の会話でもそう。

なんでみんなあんなに自由に喋れるんだろう。

そう思ってずっと生きてきた。

 

「思ったこと言うだけでいいんだよ」という人もいるが、

とくに何も思い浮かばない時はどうすれば良いのだろうか。

何も気にしないで喋れる人が羨ましい。

 

そんな中、気付いたのは、もっと他人に興味を持ったほうが良いかもしれないということ。

 

そういえば、他人が髪切ったことにはなかなか気づけないし、メガネを変えたことにもなかなか気付けない。

他人の誕生日も覚えていないし、覚えようとも思ったことなかった。

他人がどんなことに興味を持っているのかを覚えておけば、もっと会話も広がる

 

相手の気持ちになっているつもりになって、結局自分基準で考えてしまっていたのだ。

 

どういうことを言えば、相手が喜ぶのか。

難しい。こればっかりは訓練しかないのだろうか。

 

すぐにはうまくいかないかもしれないが、

また明日は別の飲み会があるので、色々試してみたい。