腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

242. 谷越えショット

コースデビュー後2戦目は、茨城県の筑波学園ゴルフカントリー倶楽部を訪れた。

 

前日の大雨があったので、開催できるかすごく心配していたが、

ラッキーなことに朝方から雨が止んでくれていたので、雨の影響をほとんど受けることなくプレーすることができた。

唯一あったのは一部のバンカーに水溜りがあったことくらい。

本当にラッキーだった。

 

つくば駅から友人の車に乗って約1時間。

山の中にあるコースだったので、とにかく景観が素晴らしかった。

ただ、高低差があるぶん、前回訪れたアジア取手カントリー(河川敷)よりもコースの難易度としては高かったと思う。

 

でも、これまでゲームの中でしか見たことがなかったような、

・打ち下ろしのショートホール

・砲台グリーン

・谷越え

など、山の中ならではのコースを実際に経験することができたのは非常に良かったと思う。

 

中でも、谷越えショットが必要なホールは難しかった。

f:id:kenshinkk:20170923222459j:image

見づらいが、ティーグランドからグリーンを撮影している写真である。

 

グリーンまでの距離は180yd。

クラブ選択が難しいところである。

谷を確実に超えたいので、理想的には弾道もそれなりに高く出て距離もでるロングアイアン。

でも、ロングアイアンなんて練習していない。

練習したことのある6番アイアンではとても届かない。

ウッド系だと距離は出るが弾道も低く、安定感が無い。

 

そこで、最終的に選んだのはユーティリティだった。

ユーティリティも練習経験は少なかったが、それでいくしかなかった。

確実にジャストミートしなければOBという緊張感の中、軽く8割くらいで振り抜いた。

 

打球は綺麗な放物線を描き、谷を越えてグリーン横のラフへ。

練習場でも出たことのない綺麗な打球に、思わずガッツポーズしてしまった。

結局そのホールは、ラフからの復帰で失敗してダブルボギーとなってしまったが、

プレッシャーのかかる谷越えショットを成功させたことで、少し自信をつけることができたのは良かったと思う。

 

ちなみに、今回の1ラウンドのスコアは127。

前回よりも難易度の高いコースであったにもかかわらず、前回の140から13打も下げることができたのは、素直に嬉しかった。

 

ただ、ティーショット(ドライバー)、ラフやバンカーからのショット、斜面でのショットなど、まだまだ課題がたくさん残っているので、

それらを解決して最終的にはスコアが100切れるように頑張っていきたい。