腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

220. 赤鶏と蛤の淡麗中華そば(ねむ瑠@本郷三丁目):鶏×ハマグリという斬新な組み合わせ!

前回に引き続き、職場の近くの風変わりなラーメン店。

今回は鶏×蛤という異色の組み合わせ。

 

赤鶏と蛤の淡麗中華そば(醤油) 

f:id:kenshinkk:20170901232510j:image

 

 淡麗系にふさわしい透き通ったスープは、しっかりと鳥の旨味が溶け出していて、

そこに蛤の風味が加わっていて、これまでに食べたことのない味。

鶏と貝が合うというのは新たな発見であった。

 

低温調理のややレア気味のチャーシューもなかなか美味しく、

大きさもかなりのものだったので少しお得感があった。

 

他には、長めのメンマとルッコラとネギ。

シャキシャキと歯ごたえもよく、醤油の塩気とも相性抜群。

 

付け合わせの山椒オリーブオイルはこの淡麗そば(醤油)なスープとかなり合う。

烏賊煮干しそばに入れるよりも好きかもしれない。

 

ということで、なかなか珍しい蛤のラーメンであった。