腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

醤油

462. 【移転】特製手揉み中華そば(太麺)@麺処ほん田(東十条):正統派醤油ラーメンの最高峰!計算された素材のバランスが絶妙な至高の一杯!

全国に名をとどろかせる有名店「ほん田」の本店。 北区エリアはおそらく初めての投稿である。 東十条という駅はなかなか降りたことがなく、 実際降りてみても土地勘が働かず、ちょっと迷ってしまった。 店の前にたどり着くと、閑静な住宅街にもかかわらず、 …

456. ひやくろ@麺巧潮 上野製麺所(上野):キリッと冷えたにほんいち醤油と魚介だしのハーモニー!低温調理冷しゃぶが美味すぎる!

9月に入り、冷やし麺の季節もあとわずか。 そんな中、上野で自転車に乗ってふらついていると、 ふと見かけた暖簾にでかでかとした「潮」の文字が! そう、あの「麺巧潮」さんが上野にやってきたのである。 本店は淡路町なので元々近かったが、これは嬉しい!…

446. 冷やし生姜ラーメン@生姜は文化(巣鴨):ありそうでなかった冷やし生姜ラーメン!

生姜ラーメン×冷やし という、これまでありそうでなかった組み合わせのラーメンを紹介する。 お店は、巣鴨にある「生姜は文化」さん。 ちょうど1年ほど前にオープンしたらしく、たまたま今日で丸1周年。 生姜ラーメンの名店「MANNISH」さん(↓※過去記事参照…

441. 紀州鴨そば@燃えよ麺助(大阪・福島):奇跡的にありつけた極上の鴨そば!高評価も納得の一杯!

前回に引き続き、大阪出張編の第5回。 今回で最終回である。 kenshinkk.hatenablog.com 前回、ステーキ重を食べて、食事の方はこれで終わりだと思っていた。 本来の予定では、最終日は午前中のセッションだけ学会に参加し、 午後は帰路につく予定だったのだ…

435. 鶏白湯ラーメン&A5黒毛和牛醤油ラーメン&エビとトマトのベジつけめん@メンショーサンフランシスコ(新宿):SF発の豪華すぎるラーメン!

前回(※)に引き続き、メンショーグループの紹介である。 ※前回記事 kenshinkk.hatenablog.com 今回のお店は、2018年の夏にできたばかりのメンショーグループの新店で、 新宿南口のMYLOAD(ミロード)というビルの7階に入っている。 店の名に「サンフランシス…

428. 【追記あり】生姜そば@麺 みつヰ (浅草):上品で優しい生姜スープが染み渡る!絶品の醤油系生姜ラーメン!

本ブログにて2回ほど登場している「麺 みつヰ」さん。 最近食べログ評価も上昇して3.9を超えており、行列も長くなっている気がする。 (前回記事はこちら) kenshinkk.hatenablog.com kenshinkk.hatenablog.com このときから、しばらく行けていなかったのだ…

424. らーめん@兎屋(人形町):今や少なくなってしまったオーソドックスなWスープラーメン!

2年前にオープンしたばかりという人形町の新しいラーメン店。 人形町エリアにはあまり普段行かないのだが、少しだけ足を延ばしてみたところ、たまたま見つけたのがこちらの「兎屋」さん。 大通りに面しており、軽く行列ができていたので発見できた。 駅から1…

419. ツケメン(オオモリ)@こばやし(北千住):看板なき名店!勇気を出して店に入ろう!

北千住駅西口から徒歩10分弱のところにあるラーメン屋。 大通り(4号線)に面してはいるのだが、繁華街からは離れている割と静かなところにあり、夜になるとかなり暗い地域である。 その中にポツンとたたずむ家。 それが今回訪問した「こばやし」さんである…

417. 上正油そば@生粋(池袋):まさに未知との遭遇!サンマ×ラーメン!

未知の組み合わせシリーズ。 おそらく第10弾くらい。 本ブログでは、 羊×つけ麺 ブリ×ラーメン 銀ダラ×ラーメン 鹿×ラーメン 海老×担々麵 ロールキャベツ×ラーメン など、様々な組み合わせの麺料理を紹介してきたが、 今回の組み合わせは、 「焼き秋刀魚×ラ…

409. らぁめん@ほりうち(新橋):深夜まで営業!新橋で飲んだ後の〆に最高のシンプル醤油ラーメン!

前回記事の「恭恭(きょんきょん)」に行った後、2次会で行った新橋のラーメン屋。 kenshinkk.hatenablog.com 新橋の飲み会後の〆のラーメンといえば、まずここの名が挙がるだろう。 というくらいの有名店である。 最大の特徴は、その営業時間。 平日は、なん…

392. にほんいち醤油そば@麺巧 潮(淡路町):ダシと醤油が力強い和風醤油ラーメン!

前回に引き続き、「麺巧 潮」さんの記事。 「白」と「黒」で対をなす2つの看板メニュー。 前回「白」を紹介したので、今回は「黒」。 こちらは洋風だった「白」とは打って変わって、完全な和風。 にほんいち醤油そば 870円 まずタイトルの「にほんいち」っ…

389. 烏賊干鶏白湯醤油そば@纏(新橋):イカと鶏の絶妙なバランス感!

新橋で評判の良いお店。 百名店にも選ばれたということで、ずっと行ってみたかったのだが、たまたま先日新橋に立ち寄る機会があったので訪問した。 まず、この店に入る際には、入り口がわかりづらいので注意が必要。 入り口が狭い路地の奥にあり、道路に面し…

369. ワンタン麺@稲荷屋(稲荷町):ワンタンのボリュームが凄まじいオーソドックス淡麗醤油!

前回に引き続き、稲荷屋の紹介。 kenshinkk.hatenablog.com 前回の訪問から1週間が過ぎたころ、 鹿ラーメンのあまりの衝撃に、レギュラーメニューのラーメンが気になって気になって仕方なくなってしまった。 その日の仕事終わり、営業時間を調べてみたところ…

362. 特製鴨中華そば@満鶏軒(錦糸町):鴨肉をたくさん食べたい人にオススメ!

錦糸町の名店「麺魚」(※過去記事参照)。 その麺魚が移転して、その跡地に姉妹店ができるというニュースは昨年耳にしていた。 夏頃にはオープンしていたようだが、今回ようやくその姉妹店に行くことができた。 名前は満鶏軒と書いて「マンチーケン」と読む…

353. 特製中華そば@麦と麺助(大阪:中津):厳選素材に彩られた豪華絢爛な醤油ラーメン!行列も納得のクオリティに大満足!

先日大阪に旅行する機会があったので、その際に訪ねた店。 大阪で大人気のラーメン屋「燃えよ麺助」に行こうとしていたのだが、 たまたま宿泊するホテルの近くにその2号店である「麦と麺助」があることを知って、急遽こちらに行ってみることにした。 並んで…

348. 醤油そば(2018)@饗くろ㐂(秋葉原):富士幻豚が素晴らしい!ついにレギュラー化した醤油ラーメン!

前回(※)に引き続き、くろ㐂さんの記事。 今回はレギュラーメニューに新たに加わった「醤油そば」。 特製にはせずに、デフォルトで注文してみた。 醤油そば 1200円 金額だけを見るとなかなかの高額なのだが、それに見合った美味しい感動を味わえると思えば安…

345. 青島チャーシュー@青島食堂(秋葉原):シンプルながら病みつきになる生姜醤油ラーメン!

今回紹介する秋葉原の「青島食堂」は、新潟県長岡市を発祥とするラーメン専門店。 1960年代後半に生姜醤油ラーメンを売り出し、地元長岡はおろか関東にまでその名が知れ渡るくらいに圧倒的な地位を確立した名店である。 数年前までは待たずに入ることができ…

326. 鶏だし醤油中華そば@ちよがみ(東京ラーメンストリート):飲み後の〆に最適なオーソドックスあっさり系醤油ラーメン!

東京ラーメンストリートの店舗のうちのひとつ。 急ぎだったので、あまり並んでいなかったこちらの店を選んだわけだが、 斑鳩の店主が手がけるセカンドブランドということで、おのずと期待が高まる。 コンセプトとしてはオーソドックスな「東京中華そば」であ…

325. 練り醤油らーめん@無銘(神田):まさにポタージュ!紙ナプキン必須の超高粘度スープ!

神田駅と秋葉原駅の間の山手線の高架下にあるラーメン店。 暖簾に「麺」と書いてあるだけの店が「無銘」である。 地図をよく見ないと見落としてしまうので注意が必要。 メニューは ・熟成練り醤油らーめん ・塩らーめん~トリュフオイル掛け~ ・四種の魚の…

319. 醤油ラーメン@MENSHO(護国寺):醤油もこだわりが凄まじい!連チャンでも全く飽きない一杯!

自分でもまさかなのだが、前回記事※のつけ麺と同日の訪問である。 この日はたまたま昼頃に護国寺駅に近いグランドで野球の試合があったため、昼ご飯としてここのつけ麺を食した。 野球の試合が終わって、夕方。 友人と何を食べるかという話になったときに、…

309. 醤油ラーメンごっつ@ラーメンごっつ(秋葉原):禁断の背脂系への挑戦!

まぎれもなく「背脂ちゃっちゃ系 」のカテゴリに属するラーメン。 明らかに自分が食べてはいけないジャンルであるが、友人の結婚式の2次会のあとに、酔っ払ったテンションのまま店に入ってしまった。 酔っていたので記憶は曖昧だが、幸いにして翌日休みだっ…

307. 醤油ラーメン@紬麦(秋葉原):うどんとラーメンの中間?ここでしか食べられない独特の食感がたまらない!

秋葉原の昭和通り口からほど近いところにあるラーメン店。 ビルの地下1階にあるので、外からはなかなかわかりづらいかもしれない。 初めて行ったのは6年ほど前になるが、その時はまだ食べログなどが今ほど充実していなかったこともあって、迷ったものだった…

306. つけ麺&日替わりデザート@裏サブロン(日暮里):つけ麺×スイーツという異色の組み合わせ!

今年初のつけ麺は、超個性的なお店の一杯。 店名の「裏サブロン」という名前の通り、「サブロン」という洋菓子店の裏口で営業しているという異色なお店である。 なお本業は洋菓子店のため、バレンタインやクリスマスのシーズンは休業しているというユニーク…

296. 肉盛りつけ麺@6代目けいすけ(湯島):バラ肉好きにはたまらない一品!

290番代にちなんで、残り4件は肉系の記事で埋めたいと思う。 まずは、湯島にある「けいすけ」系列の1店舗。 実はオリジナルの「けいすけ」を食べたことが無いので、元がどんなのかは知らないのだが、「肉」にこだわった店が多い。 他には「鶏王けいすけ」な…

291. 濃厚ぶっつぶしラーメン@かつお拳(浅草橋):濃厚かつおダシに動物系も加わった超濃厚ラーメン!

前回紹介したかつおにこだわった名店の期間限定メニューにチャレンジしてみた。 ※ちなみに前回の記事はこちら kenshinkk.hatenablog.com 今回注文したのは、その名も「濃厚ぶっつぶしラーメン」800円 店側の解説によると、 鶏、豚、鰹節、煮干しの4種類の具…

290. ラーメン@かつお拳(浅草橋):トリプル鰹出汁の威力!

浅草橋にある「かつお出汁」にとことんこだわったラーメン店。 ふつうなら「軒」と書くところを、「拳」にしているところにこだわりを感じる。 店に入った瞬間から、強烈な鰹の香りが鼻を襲う。 これは期待できそうだなぁと思いつつ、まずは普通のラーメンを…

275. 醤油ラーメン@麺みつヰ(浅草):シンプルイズベストの極致!丁寧に作られた至高の一杯!

家からものすごく近いのだが、その存在は全く知らず、とあるラーメン雑誌で上位にランクインしていたのをきっかけに調べてみて気付いたお店。 それもそのはず、最近出来たばかりで、なおかつ、とにかくわかりづらい路地裏にあった。 つくばエクスプレス浅草…

220. 赤鶏と蛤の淡麗中華そば(ねむ瑠@本郷三丁目):鶏×ハマグリという斬新な組み合わせ!

前回に引き続き、職場の近くの風変わりなラーメン店。 今回は鶏×蛤という異色の組み合わせ。 赤鶏と蛤の淡麗中華そば(醤油) 淡麗系にふさわしい透き通ったスープは、しっかりと鳥の旨味が溶け出していて、 そこに蛤の風味が加わっていて、これまでに食べたこ…

204. 冷やしそば@麺処 晴(入谷):冷やしでも薄まらない強烈な煮干しの風味が抜群に美味い!

201回から4回連続だが、ひとまずラスト。 kenshinkk.hatenablog.com kenshinkk.hatenablog.com kenshinkk.hatenablog.com 最近、夏は冷やしラーメンやつけ麺を出してくれる店が増えてきた気がする。 ここのお店も昔はなかったけど最近やるようになったみたい…

201. 中華そば@麺処 晴(入谷):数種類の煮干しのブレンドされた絶品スープがたまらない!

近所にある煮干系ラーメンの名店。 ジャパンラーメンアワードで上位50位に入っている。 アド街ック天国でも紹介されて、一気に人気店になってしまった。 実は2012年にオープンしてすぐのときに行っているが、 自分が煮干系を食べ慣れていなかったこともあり…