腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、症状が悪化する可能性を覚悟してでも食べたいと思った逸品(主に麺類)を紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

347. 塩そば(2018)@饗くろ㐂(秋葉原):祝!大将復帰!さらに進化した絶品塩ラーメン!

先日、開店7周年を迎えたという、くろ㐂さん。 しばらく大将がご病気されていて、最近復帰されたそうで・・・。 長らくこのお店のファンだったので、驚きが隠せなかった。 とにもかくにも、無事に復帰されたということで一安心。 また、復帰ともにレギュラー…

344. 潮らーめん@MENSHO(護国寺):流石のTRY1位!上がりきったハードルを余裕で飛び越えてきた一杯!

TRY(Tokyo Ramen of the Year)1位の塩ラーメンを食べに護国寺へ。 前回、今年の冬に訪問した時は、 残念ながら材料切れでこの「潮ラーメン」は販売中止だった。 その時の記事がこちら。 kenshinkk.hatenablog.com kenshinkk.hatenablog.com つけ麺も醤油ラー…

343. しじみラーメン@ラーメン一郎(銀座):肝臓に良さそうな一杯!飲んだ後にぜひ!

銀座のマロニエゲートの近くにあるラーメン屋。 銀座エリアということで、酒飲む人向けなのかどうかはわからないが、 「しじみラーメン」なるものが目に留まったので、立ち寄ってみた。 メニューとしては、醤油ラーメンと塩ラーメンとしじみラーメンの3種類…

327. 貝塩らーめん@改(蔵前):3種の貝の旨味がたまらない!和風貝出汁ラーメン!

ふと立ち読みしたラーメン雑誌に載っていて知ったお店。 蔵前は家からそれなりに近いのに滅多に行く機会が無く、完全に見落としていた。 ラーメンとつけ麺があるが、アッサリ系ということで、まずはラーメンの方から頂く。 ※なお、つけ麺は煮干し系の模様。 …

321. 潮そば@潮くろ㐂(秋葉原):レンゲが止まらない!見た目も鮮やかな貝出汁の一杯!

金曜日の紫くろ㐂(鴨)が閉店して、新しくできたのが、この潮くろ㐂。 テーマはすばり「貝出汁」である。 その時期の旬な数種類の貝からとるスープのラーメンやつけ麺を味わうことができる。 メニューとしてはメインの「潮そば」と「牡蛎味噌スパイスそば」と…

315. 雉ステーキと雉団子の黄塩ラーメン@五ノ神水産(神田):実は肉系も美味しかった!世にも珍しい雉ラーメン!

五ノ神水産の第4弾にして一旦ラスト。 銀ダラ絞りで有名なこの店だが、 毎月29日と2月9日だけは、肉の日ということで肉系の限定ラーメンを出している。 この日はたまたま近くを通ったので調べてみたら、肉の日でラッキーなことに限定ラーメンにありつけたと…

313. 淡麗貝潮ラーメン@五ノ神水産(神田):貝の旨味たっぷりの淡麗系!銀だらが濃すぎる人向け。

前回に引き続き、神田の五ノ神水産の紹介。 続いては、レギュラーメニューのひとつである淡麗貝潮ラーメン。 銀ダラ絞りと対をなす逸品である。 淡麗貝潮ラーメン750円 まずスープだが、貝エキスたっぷりの塩味で、前回の銀ダラ絞りとは打って変わって、あっ…

301. 塩ラーメン&そぼろご飯@麺みつヰ(浅草):塩も絶品!スープの旨味がダイレクトに味わえる一杯!

年内最後のノー残業デー。 2017年の最後にどのラーメンが食べたいか? そう考えたときに、自然と思い浮かんだのがここのラーメンであった。 ※前回記事はこちら kenshinkk.hatenablog.com 前回は超時間並んだだけに、心配していたのだが、 今回はひたすら寒か…

300. 塩生姜ラーメン@MANNISH(神田):生姜好きにはたまらない一杯!寒い日にぜひ!

一週間近く更新が空いてしまったが、 300というキリ番なので、 原点に立ち返って、おなかに優しいラーメンをひとつ紹介したい。 神田駅から歩いて数分のところにあるMANNISHさん。 夜はバーで昼はラーメン屋という異色の営業形態である。 日曜日は定休日なの…

254. 鰤塩そば@饗くろ㐂(秋葉原):感動の函ブリづくし!塩系ブリ大根ってこんなに美味しかったんだ!

10/4までの季節の限定そば。 北海道産の函ブリを使った鰤塩そばを食べてきた。 平日の11:30だったが、20人以上の大行列。 さすがの人気の高さだった。 自分は午後に用事があったため、この日は会社は休んでいたのだが、きっちりスーツを着込んだサラリーマン…

251. 夏麺@麺場ハマトラ(日吉):冷え冷えのあっさり鶏だしスープとカレーのハーモニー!

前々回から引き続き、麺場ハマトラについて。 3回目となる今回は期間限定メニューについて。といっても、全て学生時代に食べたものであり、もう2度と同じ味は食べることはできないのが非常に切ない。 その中でも、もっとも美味しかったのはこちらの一品。 20…

250. 鶏塩そば@麺場ハマトラ(日吉):真っ黒い麺に驚愕!スッキリ系鶏だしラーメン!

前回に引き続き、ハマトラについて。 なお、この店は横浜にもある。 以前、浜スタに寄った帰りに行こうとしたが、たまたま改装工事中で食べることができなかった。 ということで、続いてのメニューはこちら。 鶏塩そば この店の汁そばの最大特徴は、麺である…

221. 冷製煮干中華そば@ねむ瑠(本郷三丁目):バリエーションに富んだトッピングが魅力の一杯!

このお店の3杯目は、夏季限定の一品。 30杯限定ということだったが、 残業後に通った時にまだあるということだったので、注文してみた。 冷製煮干中華そば850円 スープは煮干出汁でほんのり味が付いている程度でやや物足りない気もするが、 具がバリエーショ…

202. 塩そば+和え玉@麺処 晴(入谷):煮干しの旨味をよりダイレクトに味わいたいなら醤油より塩!

前回に引き続き、近所の煮干しそばの名店について。 kenshinkk.hatenablog.com 煮干で塩というのは正直イメージが無かったのだが、 食べてみて初めて塩の方が人気が高い理由がわかった。 塩そば730円(+味玉100円) 見た目は中華そばとほぼ同じだが、スープの…

170. 塩冷製麺@粋な一生(秋葉原):飽きない美味しさ!毎年恒例の冷やし塩!

前回に引き続き、第3回(一旦ラスト)。 kenshinkk.hatenablog.com kenshinkk.hatenablog.com 今回は、季節限定の冷やし麺である。 ここ3回の投稿は、実はこの一杯を食べたことがキッカケである。 塩冷製麺 820円 毎年恒例で発売される冷やし塩ラーメンだが、 …

169. 塩ラーメン@粋な一生(秋葉原):シンプルイズベスト!食べ終わるころにまた食べたくなる一杯!

前回に引き続き、粋な一生:第2回。 kenshinkk.hatenablog.com 今回は塩ラーメン。 塩ラーメン720円 ※写真は4年前 こちらも味噌と同様にシンプルイズベスト的な一杯。 脂が少なくてお腹にも優しいので安心して食べられる貴重なラーメンでもある。 スープはア…

163. 特製とりそば@大喜(湯島※移転前):安心して食べられる名店の味。清湯系好きにはおススメ!

15年くらい前にTVチャンピオンか何かで1位になったこともある名店。 かつては大行列で全然食べられなかった。 湯島天神の近くに合って、職場からも近かった。 20年近く湯島天神下で営業されていたが、道路拡張に伴う建物取り壊しにより移転。5月22日より新…

124. 贅沢焼牛塩ラーメン@牛骨らぁ麺マタドール(北千住):チャーギューって初めて聞いた。

その存在はつけ麺博で知ってはいた。 でもなかなか行けなくて、北千住でたまに下車するようになってからその存在を思い出した。 つけ麺博では、牛骨のドロドロスープであったけど、本店ではそれは封印している。 いくつか味があったが、ひとまずは基本の塩味…

104. アジ煮干し塩中華そば@支那そば田なかsecond(秋葉原):まさにオンリーワンのアジ出汁ラーメン!

秋葉原で評判が良いということで行ってみた。 たしか、前はここに別のラーメン屋があった気がする。 TRYで2位に入賞した塩ラーメンということで、期待は高かったが、それを超えてくる味だった。 メニューは 「アジ煮干し中華そば」 「アンチョビまぜそば」 …

95.鶏塩そば(麺屋 音@北千住):鶏油好きにはたまらない一杯!

麺屋 音の本店、2つ目に紹介するメニューは鶏塩そば。 濃度を3段階から選べて、「あっさり、中濃、濃厚」というネーミングだった気がする。 変わるのは脂の量とのことだったが、 訪問した日は翌日が休みだったので思い切って「濃厚」を選択した。 濃厚鶏塩そ…

4.ゆず塩麺@AFURI(恵比寿、中目黒など):発症後初のラーメン!

発病後、数か月。 初のラーメンは最もダメージが少ないと考えられるアッサリ系の塩ラーメンが良いと考えていたわけですが、 これまで食べてきた中で一番美味しいのはどこかと思い返した時に、まず初めに思い浮かんだのがAFURIでした。 正直、発病前は濃厚系…