腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、病状が悪化してでも食べたいと思う逸品(主に麺類)を思いつくままに紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

453. 冷やし塩そば@麺処 晴(入谷):食べ損ねていた夏限定の一杯!煮干しの旨味がたまらない冷製麺!

長い長い梅雨が終わり、

抑圧されていたのを解放するかのような8月の猛暑。

あまりの暑さに耐えかねて冷やしラーメンを探し求めていたところ、

よく知るお店で注文していないメニューがあることに気付いた。

 

それが、麵処 晴さんの「冷やし塩そば」である。

 

第202回では「塩そば

kenshinkk.hatenablog.com

第204回では「冷やしそば(醤油)

kenshinkk.hatenablog.com

をそれぞれ紹介しており、その合わせ技というところである。

 

当時は、冷やしそばに醤油しかなかった気がして、全種類食べた気でいたのだが、

先日、店の前を通ったときに、よくよくメニューを見てみると、

冷やし」に「醤油」と「」があるではないか。

これは食べなければ!

と思い、冷やしの塩を注文。

冷やしでは先に注文することになる和え玉も、もちろん「」にした。

  

冷やし塩そば 

f:id:kenshinkk:20190810130619j:image

キンッキンに冷えてやがるっ…!

と叫びたくなる冷たいスープが喉に心地よく流れ込む。

 

その冷たさでありながら、

煮干しの旨味がしっかり抽出されたスープがとにかく絶品。

ややビターさすら感じるほどの煮干しの風味は

「醤油」よりも「塩」の方がダイレクトに感じられる。

「塩」なのに「醤油」よりもしょっぱくなく、むしろ甘さすら感じるほどである。

 

また、氷水で締められたパツっと歯切れの良い細麺は、麺単独でも美味しい。

薬味類も、紫たまねぎ長ネギ紫蘇など、多彩な顔ぶれであり、

冷たいスープにぴったりで非常に爽やか。

 

鶏と豚のWレアチャーシューも相変わらず完成度が高く、まさに隙のない一杯。

 

和え玉(塩)

f:id:kenshinkk:20190810130629j:image

和え玉ももちろん冷やしでの提供。

こちらもキリッと冷えている。

チャーシューが生ハムのような食感と味で最高。

 

和え玉なので、半分はまぜそばとして、もう半分はスープに投入して頂く。

塩ダレの冷やしまぜそばってあまり無い気がするので、すごく新鮮だった。

また、スープに入れてももちろん美味しい。

塩ダレがそこまで濃くないので、全然しょっぱくならずに食べられる。

そこまで空腹でも無かったにもかかわらず、

和え玉まであっという間に食べきってしまった。

 

ということで、

暑くて食欲のあまりないときにもオススメできる、冷製ラーメンであった。

温かいラーメン同様、個人的には醤油より塩の方が好きである。

また来年も食べに来なければ。

 

もうじき暑い夏も終わってしまうので、まだ食べていない人はぜひ。