腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、病状が悪化してでも食べたいと思う逸品(主に麺類)を思いつくままに紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

436. 丸ごと1匹オマール海老らーめん@海老丸(神保町):本格フレンチのシェフが作る超豪華&超濃厚海老ラーメン!

水道橋から神保町方面に歩いていたときに偶然見つけたお店。

あまりに長い行列を作っていて気になっていたので、

会社帰りの閉店間際ならそんなに客も多くないだろうと予想して行ってみると、

まさかの10名超えの行列。

翌日仕事なかったのでまあいいやと並んでしまった。

 

並んでいる間に、メニューの裏に書いてあった、このお店の説明を読んでみる。

ざっくりまとめると以下の通り。

~~~~~

長年フレンチの料理人であった店長さん。

一般的にフレンチは敷居が高いため、限られた人にしか提供できない。

そこで日本人が愛してやまないラーメンにフレンチを融合し、

気軽に本格フレンチの味を楽しんでもらいたいということで、ラーメン業界に参入。

高級食材オマール海老を使ったラーメンを850円というリーズナブルに提供するため、

年間5トンのオマール海老を一括購入契約しているとのこと。

なんと、その契約のために借金もされたらしい。

~~~~~

ということで、

そんな根っからの料理人である店長さんの渾身のラーメンを楽しみにしてるうち、

あっというまに列が進んでいき列の先頭にたどり着いた。

 

メニューは以下の通り

・元祖海老丸らーめん 850円

・海老丸カルボナーラ 950円

胡麻ごまラーメン 900円

・丸ごと1匹オマール海老らーめん 2500円

 

ということで、

ひときわ目立つのが2500円の丸ごと1匹オマール海老らーめん。

 

リーズナブルなのは「元祖海老丸」だが、せっかく1時間並んだことだし、

ここで食べ逃してしまったら次食べるのはいつになるかわからないなー

と思っているうちに、いつのまにか一番高い「丸ごと」を注文してしまっていた。

しかも、デラックス

なお、デラックスにするとチャーシュー3枚と味玉と海老ワンタンがプラスされる。

 

丸ごと1匹オマール海老らーめん(デラックス)2950円

f:id:kenshinkk:20190608121705j:image

見た目からして尋常ではない豪華さ。

半分に割られたオマール海老が丸ごと1匹入っている。

 

どこから食べていいのやら迷ってしまうが、とりあえずスープから。

 

【スープ】

とにかく圧倒的な海老濃度

海老そのものより凝縮されて濃くなってるんじゃないかと思うほど。

その正体は、「オマール海老ブランデーハーブ野菜などと、フランス料理の技法で作ったビスクスープに、15時間煮込んだ丸鶏とモミジを合わせたWスープ」であるとのこと。

濃く感じたのは、海老に鶏や野菜のまろやかさがプラスされていたためであった。

 

【麺】

平打ちパスタをより太くしたような、かなりがっしりした太麺。

濃厚スープともよく絡み、食べ応えも抜群。

スープに全く負けない存在感であった。

 

【チャーシュー】

毎度おなじみになってきたレアチャーシューだが、

他の店とは一味違う上質な旨味。

余分な脂が無く、とにかく上品。

肉の正体はスペイン産豚の肩ロース

低温でじっくり真空調理し、芯までしっかり殺菌調理しているとのこと。

 

【ワンタン】

海老すり身の入ったワンタン。

ハーブだろうか?何かしらの香草も入っていて非常にサッパリ。

正直、これのためにデラックスにしたのだが、デラックスにしておいてよかった。

 

【オマール海老】

丸ごと一匹のローストオマール海老

正直これだけでも普通にフレンチのお店で頼んだら3000円、いやその倍してもおかしくないと思う。

しっかりとローストされており、アツアツ。

中の身はふっくらプリプリの食感で、もちろん美味しい。

そして、極めつけはハサミ部分の身

ハサミの形のままきれいに剥がされてスープに浸かっている。

正直言うと、途中まで沈んでいて気づかなかったので、

いきなり巨大な身が出てきてびっくりした。

普通の海老には無い部分で、正直初めて食べたのだが、

スープに漬けて食べるともう最高である。

高かったが、「丸ごと」を選んでよかった。

 

【味変】

①自家製らー油

②オリジナルカレースパイス

サワークリーム with バケット

の3種がある。

自分は辛いものが食べられないので、③のみ。

 

サワークリームを少し溶かすと、ほのかな酸味が加わって爽やかに。

バケットとともに食べても普通に美味しいので、口直し感覚で食べることもできる。

 

【その他】

チャーシューの上のプチトマト

小松菜

ムラサキ玉ねぎ

など、野菜も色鮮やかでオシャレ。

いずれの野菜もスープにバリバリ合う。

 

【〆のリゾット】

f:id:kenshinkk:20190608121710j:image

熱々の器にお米卵黄小エビが盛り付けられた状態で登場。

そこにまずはスープを好きな量かけていく。

かけおわると、店員さんがやってきて、チーズを上から大量に削ってくれるのである。

もちろんチーズはパルミジャーノレッジャーノ

これでもかとばかりにチーズを山盛りにかけてくれるので、

チーズ好きにとっては歓喜の瞬間である。

それを素早く混ぜていくと、器の熱でチーズが溶けて、

オマール海老チーズリゾットが完成する。

このリゾットが本当に絶品で、もしかしたらラーメンよりも美味しかったかも、

と思うくらい印象に残っている。

 

せっかく並ぶなら、「丸ごと1匹」をぜひ食べてもらいたい気もするが、

金欠気味の場合は「元祖海老丸+〆リゾット」(1150円)だけでも、

十分な満足感を得られるかもしれない。

 

なお、カウンターだけでなく、酒場スペース的なものもあり、

酒のつまみ用メニュー等もあってお酒も充実していたので、

最初につまみを肴にお酒を飲んで、最後にラーメンとリゾットで〆。

というパターンもアリかもしれない。

 

ということで、

エビ好きにはたまらないであろうラーメン(フレンチ)であった。

ここまでがっつり丸ごと1匹オマール海老を食べたのは初めてで、

合計3250円使ってしまったが、それでも安い位に感じた。

 

なお、お店側の説明には、

「日々研究を重ね改良してますので、次回お越しの際には何か変っているかもしれませんが、ご了承下さい。」

とあり、今後もっと美味しいスープが出てくるかもしれないと思うと、

次回訪問が本当に楽しみでしょうがない。

季節の限定もやっているようなので、

次は暑い日にでも、また並びに行ってみたいと思う。