腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、病状が悪化してでも食べたいと思う逸品(主に麺類)を思いつくままに紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

415. 廣島中華そば@我馬(広島駅):広島でのラーメンの締めくくりにふさわしい一杯!

前回記事からの続き。

広島出張最終日である。

土産選びが終わり、バスまで残り1時間となったところから、話は始まる。

 

広島土産を選んでいる時に気づいたのが、「つけ麺」系の土産の多さである。

全然知らなかったのだが、広島は今つけ麺ブームがきているらしく、つけ麺用のタレと麺のセットが大量に売られていたのだ。

 

これは食べなければ…と思い、駅ナカのつけ麺屋を探す。

 

すると見つけたのは「ばくだん屋」さん。

迷わず店の暖簾を潜ろうとしたのだが、

漂ってきた刺激的な香りに嫌な予感がしたので、一旦回れ右。

すぐ横のソファに腰掛けて一旦落ち着き、食べログの評判を見てみることにした。

この判断は大正解だった。 

出てきた写真がこちらである。

 

f:id:kenshinkk:20190407202324p:plain

 

唐辛子まみれ。

これは食べられない。

 

前日にスジぽんで痛い目に遭っていたので、学習したというべきなのだろうか。

唐辛子の嵐から腸を守ることに成功した。

 

ということで、つけ麺は諦めることにしたのだが、

もう食べる気マンマンだったので、何かを食べないと気が済まない。

そして見つけたのがタイトルにある「我馬(がば)」さんである。

まさに救世主。

 

廣島中華そば

f:id:kenshinkk:20190317140028j:image

屋台風のお店に入るとそこは観光の外国人だらけ。

どうやら初日らしく、ガイドさん的な人が必死で広島名所の解説をしている。

初日の到着早々の食事がいきなりラーメンというのはいかがなものかと思うが、

そんな中ラーメンが着丼。

 

スープはあっさり系の豚骨醤油。

412回の「幻のラーメン亭※」でも、あっさり系の豚骨醤油スープにもやしという組み合わせであったように、これが広島のスタンダードなのだろう。

 

麺は極細麺で、博多豚骨系の麺に近い。

それもそのはず、我馬さんは他の店舗では一風堂チックな豚骨ラーメンを出しているとのことで、たしかに豚骨スープの質は高かった。

 

背脂はのっておらず、スープ上層の油分も少ないので、かなりサッパリ。

2食目でありながらも、スープがそんなにしつこくないのでスルスル入ってしまうので、〆のラーメンとしての適性は高いのではないかと思う。

ただ、これが1食目だったとしたらと考えると役不足感は否めない。

「ホームランラーメン」という名の全部乗せもあったので、1食目ならそちらかなというところ。

 

ということで、つけ麺が食べられないという悲劇には見舞われたものの、

麺を食べたいという欲求はなんとか解消し、空港へのバスへと乗り込んだ。

激務&満腹により、帰りの飛行機は全寝だったことはいうまでもない。

 

ということで、長かった広島出張もようやく終わり。

つけ麺を食べられなかったのは残念だったが、グルメ的には満足な旅行出張であった。