腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、病状が悪化してでも食べたいと思う逸品(主に麺類)を思いつくままに紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

411. 宮島観光+あなごめし&カキフライ@もみじの木(宮島口):やはり地元メシは美味い!

3月中旬のとある日、普通に退社しようと準備していたら、

突然、2日後からの広島出張を言い渡された。

 

本来行くはずだった先輩の急用による代打だが、あまりに急。

広島に行くのは初めてだったのだが、準備日数はたった1日。

その1日も仕事の準備で手一杯だったため、食べ物屋に関する下調べはほぼゼロで、広島行きの飛行機へと乗り込むこととなった。

 

そんな準備不足の出張であったが、食べてきたものと、訪れることのできた一部の観光スポットに関して、今回から数回にわたり紹介していきたいと思う。

 

初日のこの日は、朝早い飛行機で広島に向かい、

午後からの夕方まで業務した後に解散となった。

 

まだ17時代だったことと、たまたまこの日に宿泊予定のホテルが宮島に近かったため、

せっかくならということで、宮島に行ってみることに。

 

すると、ホテルにて、スマホをレンタルできるという素晴らしいサービスがあり、

そのスマホにプリセットされている観光情報をもとに、宮島を目指す。

 

宮島には電車とフェリーを乗り継いで向かう。

18時に近かったので、「もう間に合わないかも?」と思ったが、

調べてみると最終便は意外と0時ごろまであり、首都圏の終電と同等レベル。

また、日中は15分に1本ペースで運行しており、乗っている時間も10分程度なので、利用する側としてはかなり気楽。

 

ただ、乗ってみて驚いたのは、寒さである。

厳島神社の大鳥居を見たかったがために、展望デッキに出ていたのだが、3月中旬はまだ寒い寒い。

冬場は客室から眺めることをお勧めする。

 

↓フェリーからの大鳥居

f:id:kenshinkk:20190321070914j:image

 

宮島に着くと、出迎えてくれたのは、野生の鹿たち。

街の中を平然と歩いている鹿もいれば、

環境客にむしろすり寄っていく鹿もいた。

とにかく人間に慣れすぎ。

この日は穏やかな晴れだったこともあってか、鹿たちは非常におとなしかったのだが、

時期によっては狂暴になることもあるそうなので、ラッキーだったのかもしれない。

f:id:kenshinkk:20190325005136j:image

 

f:id:kenshinkk:20190317135340j:image

 

さて、そんな鹿たちに囲まれながら、歩いていくと、

約10分程度で厳島神社に到着する。 

なお、厳島神社の開門時間は17時ごろまでであり、今回は余裕で間に合わなかった。

f:id:kenshinkk:20190317135413j:image

完全に引き潮であり、鳥居の下まで歩いて行くことができた。

f:id:kenshinkk:20190317135408j:image

↓夜になるとライトアップされてこんな感じ。
f:id:kenshinkk:20190317135349j:image

この時間になると、残念ながらお店等はほとんど閉まっており、

名物の揚げもみじ饅頭も売り切れて食べることができなかった。

 

行こうと思っていた食堂も、ギリギリ入ることができずじまい。

食に関しては悔いは残る結果となったが、

ひとまず日本三景の1つをみることができたのは良かった。

 

再びフェリーに乗って、 

宮島口まで戻ると、8時を回っており、もう真っ暗。

食事処もほとんど閉まっているが、ぽつりぽつりと営業しているお店がある。

 

いくつかのまだ開いているお店の中から今回選んだのは「もみじの木」さん。

あなごめしと牡蠣料理がおススメということで、

その両者が食べられるセットメニューを注文した。

 

瀬戸内御膳(あなごめし&カキフライ)

f:id:kenshinkk:20190317135404j:image

あなごめしは瀬戸内の郷土料理。

うなぎの代わりにあなごということなのだと思う。

うなぎに比べると、かなりサッパリしていて、どんどん箸が進む。

うなぎ同様、山椒がよく合うが、無くても十分なほどのサッパリ感。

うな丼は一品で完結という感じであるが、今回のように他のおかずもある場合は、

あなごめしの方が良いかもしれない。

 

カキフライは、まあそこまで特徴があるわけではなかったが、普通に美味しい。

普段は食べないので、久しぶりに美味しかった。

小ぶりだがしっかりジューシーだったのは印象的。 

 

↓流石の地元愛。

f:id:kenshinkk:20190326192600j:image

 

ということで、

出張初日は日本三景のひとつを見れて、

なおかつ地の物を食べることができて大満足…

のはずだった。

 

電車に揺られホテルまで戻る途中、

どこか物足りなさを感じている自分に気付いてしまった。

まだ21時。

麺に呼ばれている気がした。

 

次回に続く。