腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、病状が悪化してでも食べたいと思う逸品(主に麺類)を思いつくままに紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

387. ステーキランチ@ステーキハウス松波(浅草):リッチなステーキハウスもランチはリーズナブル!

お正月ということで、若干リッチなお店の記事を書いてみようと思う。

人生で初めて目の前で焼いてくれるタイプのステーキを味わったのがこのお店。

浅草の老舗ステーキ屋であり、昔から数年に1回程度家族で食べに来ていた。

とはいっても、目の前で焼いてくれるタイプのお店なので、ディナーメニューはさすがに高額なので、家族で行くときは毎回ランチであった。

 

今年のお正月も、久々に家族でステーキを食べにいこうということになり、数年ぶりに訪問したわけであるが、ブログを書き始めてからは初めての訪問だったので、しっかり写真を撮ってきた。

 

サービスランチ 1800円

サービスランチといえど、しっかりコース仕立てになっているからうれしいところ。

まず、サラダとスープが運ばれてくる。

それらを味わいながら待っていると、目の前にシェフが現れ、いよいよお肉を焼き始めるのである。

なお、7~8人ほどに対してシェフ1名という割合。なかなかの贅沢である。

 

↓肉を焼いている様子

f:id:kenshinkk:20190104211022j:image

特製のナイフとフォークで焼かれていく様子は何度見ても飽きない。

肉は脂身と赤身でしっかりと切り分けられて、まずは赤身の方から目の前の皿に盛りつけられる。

 

赤身肉(ミディアム)

f:id:kenshinkk:20190104211028j:image

今回の焼き加減はオーソドックスなミディアムにした。

何種類か食べ比べたが、ミディアムレアもしくはミディアムが美味しいと思う。

赤身なのに非常にジューシー。焼き立てはやはり美味しいと再認識した。

なお、ガーリックと一緒に出てくるが、希望すればナシにもできるとのこと。

 

つけダレ

f:id:kenshinkk:20190104211036j:image

・おろしポン酢ソース(左)

オーソドックスなおろしポン酢醤油なのだが、バランスが絶妙。

しょっぱすぎず、すっぱすぎず。

また、大根おろしの量も肉の脂が程よく残る程度。

なお、肉が焼かれる前には鉄板にバターが引かれるため、バター醤油風味になるという意味でも、個人的にはこちらのソースの方が好き。

後述の野菜ともよく合う。

個人的にメインはこちら。

 

マスタードソース(右)

肉単体で見れば、こちらのソースの方が合うかもしれない。

マスタードとはいえそこまで辛くないので、辛さに弱い自分も安心して食べられる。

食べログ等の口コミをみてもこちらのソースを好む人が多い模様。

 

脂身

f:id:kenshinkk:20190104211046j:image

写真上部がその脂身。

脂身については、小さくカットしたあと、カリッカリになるまで焼いてくれて、

余分な脂が落とされた状態で、提供される。

ここまで余分な脂が落ちているので、「これくらいならいいや」ということで毎回食べてしまうのだが、非常に香ばしくて美味しく、中心部には脂もそれなりに残っているので、脂身の旨味も十分感じられる。

なかなか普通のステーキ屋では出てこない一品。

 

なお、普通のランチには白いご飯がついてくるが、

あらかじめ追加料金を払っていれば、この脂身たちを使ってガーリックライスにすることができる。

脂身を使ったガーリックライスは数年前に一度だけ食べたことがあるが、非常に美味しいのでお財布に余裕があればぜひおすすめである。

 

野菜

f:id:kenshinkk:20190104211058j:image

上述の脂身と一緒に炒められた野菜。

オーソドックスにキャベツともやしだけであるが、牛脂とバターのまろやかさが全体にいきわたっており、たまらない。

前述の通り、醤油ソースとの相性も抜群。

 

ウィンナーコーヒー

f:id:kenshinkk:20190104211052j:image

生クリームがたっぷり乗ったコーヒーがランチコースの〆として最後に出てくる。

なお、ウィンナーコーヒーとは、オーストリアのウィーン発祥とされるコーヒーの飲み方の一つ。ウィンナーとは「ウィーン風の」を意味する。

小さい頃はこのコーヒーと、ソーセージの方のウィンナーにいったいどういう関係があるのかと、ずっと疑問に思っていたが、ここで飲んだことをきっかけに知ることができなので良かった。

なお、私は生クリームNGなので、生クリーム抜きで注文する。

↓こんな感じ。

f:id:kenshinkk:20190104211105j:image

濃いのかなーと思ったが、普通に飲めるレベルの濃さのコーヒーであった。

 

ということで、本格的な「目の前で焼いてくれる系のステーキ」が2000円以下で楽しめる、貴重なお店である。

 

なお、遠い昔に一度だけ、親族関連の会食的なもので、ディナーのコースを食べたことがあるのだが、その際にはガーリックライスやエビ・ホタテなどの魚介類、より上位のお肉などが登場して、それはそれは美味しかった、という記憶がわずかに残っている。

 

浅草を訪れた際にちゃんとしたステーキが食べたいと思ったら、この松波か、あるいは以前記事にした「じゃの目※」を選べば、まず間違いないだろう。(他にもあるかもしれないが)

いつかディナーで悠々と高いコースを注文できるくらい稼げるように仕事を頑張ろうと、改めて思ったのであった。

 

※「じゃの目」の記事

kenshinkk.hatenablog.com