腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、病状が悪化してでも食べたいと思う逸品(主に麺類)を思いつくままに紹介するブログです。

365. 4種の魚のつけ麺@無銘(神田)

以前、一度訪れた神田のガード下にあるラーメン店。

名前が無いから「無銘」となっているが、もう「無銘」という名でだいぶ知れ渡っているようである。

前回(※)は「練り醤油らーめん」を食べたので、今回は「つけ麺」に挑戦。

 

4種の魚のつけ麺

f:id:kenshinkk:20180916215224j:image

 

ラーメン同様、濃厚ポタージュ系のつけダレ。

ただラーメンのべジポタ感とは違い、魚介が前面に押し出されている。

野菜と魚なんだろうか。動物感はあまり感じなかった。とにかくうまい。

4種の魚の正体は結局わからずじまいだったが、予想としては煮干し(イワシ)、カツオ、サバあたり。

とにかく、高濃度で魚の旨味が押し寄せるため、魚好きにはたまらない。

 

麺はやや太目の平打ち麺で、表面はツルツルしていてコシがあり、のど越しも良い。

チャーシューはなかなかに分厚く、炙られているので香ばしくて旨味もたっぷり。

また、つけ麺にはめずらしい具であるもやしやキャベツだが、これがまた濃厚つけダレによく合っていて素晴らしい。他の濃厚つけ麺店でもぜひやってほしいものである。

 

着丼と同時に登場した、容器に入った赤い液体を入れてみる、辛くないかが気になったが、トマトであった。

ひょっとしたら少し辛みもはいっているかもしれないので、つけるのはちょっとだけにしておいたが、トマトの酸味が濃厚なつけダレを爽やかにしてくれるので、リスクが無ければガンガン入れてみても良いかもしれない。

スープ割をすると、白濁したスープが加わり、マイルドに。

練り醤油ラーメンに少し近づき、これはまたこれで美味しい。

 

残り1つのメニュー

・塩らーめん~トリュフオイル掛け~

をまだ食べていないので、近々挑戦したい。

 

※前回「練り醤油らーめん」の記事

kenshinkk.hatenablog.com