腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、病状が悪化してでも食べたいと思う逸品(主に麺類)を思いつくままに紹介するブログです。

353. 特製中華そば@麦と麺助(大阪:中津)

先日大阪に旅行する機会があったので、その際に訪ねた店。

大阪で大人気のラーメン屋「燃えよ麺助」に行こうとしていたのだが、

たまたま宿泊するホテルの近くにその2号店である「麦と麺助」があることを知って、急遽こちらに行ってみることにした。

 

並んでいる際に渡されたメニューに載っていたメニューは3種。

・中華そば

・いりこそば

・つけそば

しかしながら、つけそばはComing soonとなっていた。

また、いりこそばは「数量限定」となっており、時間が13時を過ぎていたので、もうなくなっているかなーと予想しつつ行列に並んでいた。

3人で行ったので、誰か一人だけでもいりこそば注文できるといいなー、なんて思っていたのだが、

願いもむなしく、いりこそばは売り切れだった。

ツイッター情報によると、12時半には売り切れてしまうらしい)

ということで今回頼んだのは「中華そば」の特製バージョンである。

 

特製中華そば 1200円

f:id:kenshinkk:20180812140923j:image

見た目からして豪華絢爛である。

 

まずはスープから。

強烈な鶏の旨味に加えて、醤油ダレの独特の甘味がたまらない。

大阪は出汁文化ときいていたが、思ったより醤油ダレが強めであるが、

塩気が少ないのはさすが関西風ということなのだろうか。

また、このスープにはことごとく厳選素材が使われている。

福知山市「岡本ファーム」の「京地どり」の丸鶏をメインに、様々な地鶏がブレンドされているらしく、鶏の旨味がここまで強烈なのも納得である。

醤油ダレには、和歌山の杉樽仕込み3年熟成醤油に各地の醤油をブレンドして火入れ・熟成されているという。これが独特の甘味の秘密なのだろう。

 

麺は、スープとよく合うやや細めの麺で、やや硬めに茹でられており歯切れが良い。

「スーパーはるゆたか」という厳選小麦を使用しているらしい。

 

メインの具である3種のチャーシューがまた格別である。

・豚肩レアチャーシュー

国産豚の肩ロースを塩で味付けして低温調理したもの。

こちらはしっとりして柔らかい食感が特徴的で、スープの熱で茹でられてしまう前に早めに食したいところ。2枚もついていてありがたい。

単純に肉の味を楽しみたいならこのチャーシュー。

 

・煮豚

これは特製orチャーシュー増しを選んだ人のみについてくるとのことだが、

個人的には最も美味しく感じた。

なんとイベリコ豚を使用しており、そのバラ肉を圧力鍋でじっくりと煮込んでいるとのこと。

タレのしみこみ具合やホロホロ感は完璧であり、それでいて肉の味もちゃんと残っているのがなんとも素晴らしい。

また、提供される直前に焼かれるので、程よく香ばしさもプラスされるのがうれしい。

 

・モモ焼豚

国産豚のモモ肉を醤油ダレに漬けて焼き上げた逸品。

こちらはややレア気味なのだが、しっかり肉にタレの味がついている。

上記2種のチャーシューの中間といったところだろうか。

ほどよいレア感とタレの味とを両方味わうことができ、焼かれているので香ばしさもあるというオールラウンダー感。

 

その他の具としては、メンマ、味玉、白髪ねぎなどがあるが、

どの具もしっかり仕込みがされているのが良くわかる。

 

ということで、

麺・スープ・具のどれをとってもこだわりぬかれていて、

全体としてのクオリティがものすごく高い一杯であった。高評価も納得である。

特製の場合、1200円とやや高めであるが、3種のチャーシューを味わえるというメリットが大きいので、初回訪問時はぜひ特製を注文してほしいところ。

 

次回はぜひ数量限定の「いりこそば」を食してみたい。