腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、病状が悪化してでも食べたいと思う逸品(主に麺類)を思いつくままに紹介するブログです。

351. 大介うどん@愛媛・南宇和店

愛媛出張中に昼食で立ち寄ったお店。

愛媛県内では有名なチェーン店らしく、県内各地にいくつか店舗があるらしい。

 

最大の特徴は、ユニークな注文システム。

 

器(どんぶり)ごとの基本料金はあるものの、そこに入れる麺の量は自由。

つまり、盛り放題。

器に入りさえすれば、盛った分だけうどんを食べることができるのである。

 

器は、白どんぶり300円と黒どんぶり400円から選べて、違いは大きさのみ。

たくさん食べたい人は黒をオススメする。

 

どんぶりを選ぶと、次は麺をセルフで茹でる。

麺はひと玉ずつにわかれて大量に置いてあるので、それをカゴの中にどんどん入れていく。

通常の1人前が3〜4玉くらいと書いてあったので、自分はとりあえず様子見で倍の6玉を入れてみた。

茹で上がったら自分でお湯を切る。

そして、トッピングを自由に選んで、ダシを入れて完成。

なお、ネギや天かすは、スプーン1杯10円という価格設定。

最近は入れ放題の店が多いので、いつものように何杯も入れてしまわないように注意が必要。

また、すりごまは無料である。

天ぷらは100円〜150円くらいのものが多く、かなりの種類があった。

また、おにぎり等もあったが、麺が入れ放題なので、注文されることは少ないのではないかと思う。

 

ということで今回食べたのはこちら。

f:id:kenshinkk:20180806013010j:image

黒どんぶり6玉+きつね 500円

 

麺は柔らかめの中太麺。

讃岐風とは異なり、歯ごたえや弾力はそこまで強くない。

かけつゆはいりこ系の出汁メインのあっさり系で、塩気も少なく大量の麺を食べ続けても飽きがこない。

 

改めて写真を見てみると結構大盛りに見える。

なお、一緒に行った方は、8玉を軽々平らげており、最高12玉まで食べたことがあるらしい。

それでも同じ価格というのがすごい。

まさにサラリーマンの強い味方である。

いつの日か、東京にも進出してほしい。