腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、病状が悪化してでも食べたいと思う逸品(主に麺類)を思いつくままに紹介するブログです。

349. 松山鯛めし御膳@五志喜(松山)

先日愛媛に出張で行った際の夕飯。

 

愛媛といえばみかんのイメージだが、実は真鯛の生産量日本一らしく、国内産の養殖真鯛の2匹に1匹が愛媛産らしい。

それもあって、愛媛で名物料理を調べてみたところ、真っ先に出てきたのがこの鯛めしであった。

 

松山駅から近い鯛めしの店を探したところ、この五志喜さんが出てきた。

創業380年の伝統ある老舗料亭らしいのだが、意外と値段がリーズナブル。

夜でも2000円弱のセットがあるので観光客としては気軽に入りやすい。

 

様々なセットやコースがあるが、基本的には2種類の鯛めしと鯛そうめんがメイン。

 

2種類の「鯛めし」の違いは以下の通り。

宇和島鯛めし

→新鮮な鯛を三枚におろして薄く切り、醤油、みりん、生卵、ごま、出汁にからめ、タレごと熱いご飯にかけていただくというもの。

鯛刺しが乗った卵かけごはんというところ。こちらは、今回は注文しなかった(別の店にて注文したので、別記事にて紹介する)。

 

・松山(北条)鯛めし

→焼いた鯛を昆布出汁で炊き込んだ、炊き込みご飯。一般的な鯛めしといえばこちらがイメージされることが多いかもしれない。

今回はこちらの松山鯛めしを注文した。

 

松山鯛めし御膳

f:id:kenshinkk:20180707115359j:image

内容

・松山鯛めし

・五色そうめん

・じゃこ天

・ちりめん

・ふくめん

・漬物

 

たしか1800円前後だった気がする。

ディナーでそうめんまでついてこの価格なら割とお得感がある。

 

メインの松山鯛めしは、やはり絶品。

ふたをとったときの良い香りを嗅いだ瞬間に、こっちを注文して良かったー、と内心ガッツポーズ。

鯛の身はしっかり骨が取り除かれていて非常に食べやすく、フワフワした柔らかい食感がたまらない。

下のごはんにはしっかり鯛のエキスがしみ込んでいて美味しい。

あわよくば、鯛出汁でお茶漬け的なことをしてみたかったが、それはコースか何かのメニューにあったので、次回はそちらを注文してみたい。

 

また、サイドメニューも上品な味付けでどれも美味しかった。

五色そうめんは温冷どちらも選べるが、この日は蒸し暑かったため冷やしを選択。

関西風の薄めのスープだったが、鯛出汁が使われているのでそれなりにコクもある。

ちなみに五色は、普通の白色の他に

・赤→梅肉

・緑→抹茶

・黄→卵

・茶→蕎麦

がそれぞれ練りこまれている。

麺自体にそこまで味が付いているわけではないが、着色料でない自然の色ということなので安心である。

 

ということで、松山名物の鯛めしのひとつを味わうことができた。老舗にしてはリーズナブルなので観光の際はおすすめである。

 

ちなみに私はこの店を利用したのは実は2度目。

数年前に大学の卒業旅行で四国に来た時に、この店に寄っていた(正確にいえば、店に入った時に思い出した)。

飛行機までのわずかな時間で、急遽探して食べたので店の名前までは覚えていなかったのだが、当時はランチで鯛そうめんを食べた。

 

鯛そうめん御膳(ランチ)

f:id:kenshinkk:20180726115616j:image

たしか価格は1500円くらいとリーズナブルで、「鯛そうめん」と「みかんちらし」のセットだった。

もちろん美味しかったのだが、一回食べた店を忘れてしまっていたとは、不覚であった。

 

次回は別の店でもうひとつの鯛めしである「宇和島鯛めし」を食べたので、そちらを紹介したい。