腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、病状が悪化してでも食べたいと思う逸品(主に麺類)を思いつくままに紹介するブログです。

341. 肉せいろ@角萬(入谷)

営業時間は1週間でたった6時間。

それも土日の11〜14時のみであり、平日に一切営業していない。

それでも土日はいつも満員となっている、まさに知る人ぞ知る老舗の名店である。

 

結構前から入谷にあるような気がするのだが、

食べログの口コミによると四谷の方から移転してきたお店らしい。

 

メニューはシンプルなものが多く、ざるそば、おろしそば、辛味大根そば、とろろそば、肉南蛮、カレー南蛮、卵とじなど。

今時にしては珍しく、天ぷら系は一切ない。

3時間だけの営業のために油を準備するのはきっと大変なのだろう。

私は天ぷらに興味ないので問題ないが、後から入ってきた人は「天ざる」を頼もうとしていたらしく、わざわざ店の人に聞くほど天ぷらがない事に驚いていた。

 

周りを見回すと肉系を頼んでいる人が多かったのと、つけ麺タイプのメニューが食べたかったので、「肉せいろ」を選択した。

 

f:id:kenshinkk:20180608092322j:image

肉せいろ900円

 

やや太めの麺はゴワゴワ感がたまらない。

うどんでこの歯ごたえは出ない。

蕎麦食ってるなーという感じ。

これで細麺というから、太麺はどれだけの歯ごたえなのだろうか。

 

つゆは歯ごたえのある麺に抜群に合う、出汁が効いた濃いめのつゆ。

肉の旨味も効いていて、やや甘め。

つゆがおいしいと自然と箸が進むスピードが速くなる。

 

肉は蕎麦の具として入る肉としては、かなり厚くてジューシー。

ロース肉で脂身と赤身のバランスも良い。

長ネギとつゆとの相性も抜群。

また、肉もネギもだが、それなりに量を入れてくれているのは嬉しい。

終盤まで肉とネギと蕎麦という3点セットで食べ続けられるというのは魅力的。

 

こういった和風な蕎麦屋にしては、ジャンキーなメニューなのかもしれないが、いわゆるラーメン屋のつけ麺で慣れている自分にとっては、ちょうど良いと感じるバランスであった。

 

温と冷と両方ある肉南蛮は太麺らしいので、次回はそちらに挑戦してみたい。