腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、病状が悪化してでも食べたいと思う逸品(主に麺類)を思いつくままに紹介するブログです。

330. 牡蠣つけ麺@麺屋佐市(錦糸町)

錦糸町にあるラーメン屋。

数年前から錦糸町に存在するのは知っていたが、

牡蠣だしにあまり興味が無く、なぜか入ろうという気にならなかった店。

なぜもっと早く試してみようと思わなかったのだろうか。

 

まさに「ここにしかない」一杯が食べられる店であり、牡蠣好きにはたまらないだろう。

 

メニューは牡蠣ラーメンと牡蠣つけ麺の2種で、特製的なものにするとチャーシューと味玉がついてくる。

今回は暑かったのでつけ麺にし、特製(佐市麺)にはしなかった。

 

f:id:kenshinkk:20180416003745j:image

牡蠣つけ麺 900円

 

牡蠣の強烈な旨味がこれでもかとばかりに凝縮されているスープがとにかくすばらしい。

牡蠣出汁の店自体は数件あったような記憶があるが、「牡蠣も入ってますよ」程度のものが多く、ここまで牡蠣がメインでかつ濃厚な牡蠣の出汁は初めてである。

さらに無化調というからすごい。

 

上に乗っているのはバターでソテーされた牡蠣。

そのバターをつけだれに溶かすとまた味が変わって美味い。

ただでさえクリーミーな味わいだが、まろやかさがさらに増す。

 

その濃厚スープに合わせるのは中太の縮れ麺。

麺自体にそこまでインパクトは無いものの、縮れが大きくて、スープや海苔とよく絡む点は素晴らしい。

 

そして、着丼したときには山のように乗っている刻み海苔が印象的。

最初は海苔が多すぎて邪魔だなぁと思っていたのだが、とんでもない。

この海苔がスープと相性抜群すぎて、止まらないのである。

まあバター醤油と海苔の相性が抜群なので、美味いのも当然なのだが、ここまでとは…。

 

スープ割りはおそらくかつおと牡蠣の合わせ出汁だと思うが、割った後もまたまろやかで美味い。

バター分が薄れてより素材の味が楽しめるという印象。

 

また、同行者が頼んでいたラーメンについても記載しておく。

f:id:kenshinkk:20180416003758j:image

牡蠣ラーメン 900円

 

ラーメンも大枠は同じ。

麺も同じなので、つけ麺とラーメンどちらを食べるかについては、完全に好みの問題。

なお、写真ではラーメンのみ糸唐辛子が乗っているが、基本的にはつけ麺にも乗っている。(自分の頼んだつけ麺は、あらかじめ除いてもらった)

唐辛子が嫌いな人は注意が必要。

 

ラーメン一杯で900円という価格は平均よりは高い設定な訳だが、牡蠣という原価の高い素材を使っているわけなので、お得感がすごい。

 

なお、プラス250円で佐市麺にすれば、チャーシューと味玉がついてくるのだが、他の客はたいていそちらを注文していたので、そちらにすれば良かったと今更ながら激しく後悔している。

 

ということで、無化調牡蠣ラーメンというオリジナリティ溢れた一杯であった。

無性に牡蠣が食べたくなったときに、また訪ねたいと思う。