腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎持ちの筆者が、病状が悪化してでも食べたいと思う逸品(主に麺類)を思いつくままに紹介するブログです。

314. 味噌ラーメン・江戸甘味噌銀鮭絞り@五ノ神水産(神田)

2016年の冬に食した一杯。

銀鱈を食べに来たのだが、期間限定でしかも「味噌」ときたらもう頼むしかなかった。

 

f:id:kenshinkk:20180210100206j:image

味噌ラーメン・江戸甘味噌銀鮭絞り 900円

 

いつもどおり「絞り」が入った美味しそうな独特ネーミング。

その名の通り、鮭が大量に絞られた濃厚スープは、まるで鮭のポタージュのよう。

最初の一口から鮭の濃厚な味と香りとが炸裂。

鮭好きの人でないと絶対に無理な鮭濃度である。

そこに味噌のコクが入って素晴らしいバランス。

鮭に塩分があるので、普通の味噌でなくて甘味噌が使われているのも納得。

最初、鮭と味噌ラーメンは本当に合うのかという疑問があったが、

よくよく考えたら、鮭の西京味噌漬けは定番で美味しいうえ、石狩鍋は鮭に味噌スープが一般的なので、実は昔からよくある組み合わせだったのだ。

ただ、ラーメンであることを除いては。

なので今回、ラーメン×鮭という組み合わせの美味しさに気付けたのは良かった。

 

また、濃厚スープの合間に食べる付け合わせの「春菊」が絶妙なアクセントとなっている。

春菊は癖があるので単独ではそこまで美味しく感じないが、濃厚スープと合わせると不思議と急に存在感を増す不思議な野菜である。

 

チャーシューは銀鱈絞りと同じくジューシーな鶏モモ。濃厚スープに負けないインパクトがあって食べごたえは十分。

他は、いつもどおりの三角形のメンマ。 

 

ということで、銀鱈絞りもそうであったが、

ここでしか食べられないまさにオンリーワンの味であった。

今年の冬はタイミングが悪く、ありつけなかったのがショック。

なお、食べログによると、年に1度くらいは「江戸甘味噌」が外れて「焼き鮭絞り」となって登場しているらしく、 この江戸甘味噌バージョンはもう食べられないかもしれない。

ひとまず、来年は食べられるようにお店の公式ツイッターはこまめにチェックしようと思う。