腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、病状が悪化してでも食べたいと思う逸品(主に麺類)を思いつくままに紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

309. ごっつ@ラーメンごっつ(秋葉原):禁断の背脂系への挑戦!

まぎれもなく「背脂ちゃっちゃ系 」のカテゴリに属するラーメン。

明らかに自分が食べてはいけないジャンルであるが、友人の結婚式の2次会のあとに、酔っ払ったテンションのまま店に入ってしまった。

酔っていたので記憶は曖昧だが、幸いにして翌日休みだったので、おそらくそこに迷いはなかったのであろう。

 

ラーメンの種類は、他に魚介や味噌などもあったが、最初だったので普通のをオーダー。
背脂の量を3種類から選ぶことができる。
・さっぱり
・ごっつ
・ごてごて
注文したのは「ごっつ」
普通にさっぱりを選ぶべきところなのに…、やはり相当酔っていたと思われる。

 

f:id:kenshinkk:20180125121411j:image

醤油ラーメン(ごっつ) 700円

 

着丼するやいなや、1cmはありそうな背脂層に友人達は歓喜のるつぼである。

自分はというと注文したことを早くも後悔し始めていた。

しかしながら、一口食べてみると、数年間にわたり閉ざしていた禁忌の扉を破った開放感と、その脂の旨味とでもう凄まじい幸福感であった。

 

味の方はというと、背脂によく合うカエシの効いた醤油味というところで、いわゆる「カラメ」というやつである。

ただ、二郎ほど脂がどぎつくなく、全体的にまろやかなので、ある意味初心者向けかもしれない。

ただ、背脂苦手な人は「さっぱり」にしておくことを強くオススメする。

 

具としては、まず大量のネギが嬉しい。

そして、2枚も乗ったチャーシュー。基本のラーメンで2枚もつくというのはなかなか無いので嬉しい限りである。

また、背脂系ではおなじみの大量のもやしが良い味を出している。ややしょっぱめのスープとも良く合うし、麺の間にシャキシャキした食感が挟まれるのも良い。

 

食べ終わって我に帰ると、流石に軽く後悔に襲われたが、たまたま運が良くて体調を崩さなかったので、終わり良ければすべて良しである。

 

体調が良いときにたまに食べる分には大丈夫なのだろうか?

でも油断は禁物で、腸が良くても、体脂肪率的な意味でダメかもしれないので、そろそろ健康的な食生活に戻していきたいなと思う。

 

ということで、まとめると背脂ちゃっちゃ系というジャンルの中ではかなり食べやすくて、味も良いお店であった。背脂好きな人にはおススメである。